芸能

石原さとみ、地味にウザイ演技であのアイドル出身女優と同じ道をたどる?

20161108ishihara

 毎回20%を超える米倉涼子の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)や、右肩上がりを続ける新垣結衣の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)には劣るものの、石原さとみ主演の「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)も第5話まで平均視聴率11%台をキープし、秋ドラマの中では“勝ち組”に入っている。

 夏に大ヒットした映画「シン・ゴジラ」のカヨコ・アン・パターソン役と同様に、早口でまくし立てる勝気なキャラがすっかり定着した感もある。とはいえ、ガッキーが「とにかくかわいい」の大合唱であることに比べ、賛否両論となってしまうのが石原の演技だ。その代表的な意見がこれである。

「同じホリプロの深田恭子に比べ、セリフ回しは達者ではあるけれど、このところ『自分の演技に酔っている感』が鼻につく。ドラマのテンポ以上に、その意識が視聴者を疲れさせてしまいます」(テレビ誌ライター)

 もちろん、演技力の評価には個人差はあるだろうが、こうした声から主演ドラマが激減した“先輩”がいる。アイドルグループ・ribbonの一員から女優に転向した永作博美だ。一時は映画・ドラマともに主演作が目白押しだったが、一部で「これみよがしの芝居がイライラする」と言われ出し、評価が急降下。連ドラでは12年の「ダーティ・ママ!」(日本テレビ系)を最後に、4年も主役の座から遠ざかっている。

 今は絶好調の石原も自分の演技の“細かい校閲”を怠れば、売れっ子の座を失いかねないのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」