芸能

2016秋ドラマの「ドロドロ潰しあい現場」が地味にヤバイ!(2)テレ朝「相棒」が高樹沙耶の逮捕で…

20161117n

B 話はテレ朝に戻るけど、「ドクターX」の快進撃に水を差したのが、高樹沙耶の事件だ。高樹といえば、「相棒」のシーズン1から出演。平日の夕方に再放送されていたけど今回の逮捕を受けて、高樹が出ていた回が全てお蔵入りになるのは確実だ。

A 業界では「再放送の王様」と呼ばれる超優良コンテンツだった。高樹はシーズン1から出演し、過去に放送された約300話の「相棒」のうち、半分以上に出ていたというから頭が痛いだろうね。

B 上層部から「何とかならんか」と相談を受けた編成の担当者が、本気でモザイク入りの放送を検討したという話も、まんざら冗談ではないかもしれない。

C 不祥事といえば、8月に強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太。出演予定だったNHKの「真田丸」は、急きょ代役を立てて対応したけど、そのドタバタの影響でクランクアップしたのは10月の下旬。NHKの知人は「大河ドラマ史上でいちばん押した(撮影が伸びた)」とボヤいていたよ。尻拭いに奔走したドラマスタッフや共演者にしてみれば、二度と高畑の顔を拝みたくないだろう。

A 今年は日テレの「3年連続視聴率3冠」の阻止にかけていたテレ朝だけど、完全にツキに見放されたようだ。それを象徴するのがプロ野球の日本シリーズ中継。日テレが中継した唯一のゲームは、日ハムの優勝が決まった第6戦で25.1%(関東地区)を記録。もし6戦で広島が勝っていたら、7戦はテレ朝で中継する予定だっただけに、日テレ局内は「これでテレ朝に勝った」とお祭りムードだよ。

C 日テレは正社員に限らず、ヒット番組のスタッフには金一封を出すなど、現場のモチベーションを高めるのがうまい。実は朝の時間帯でも吉報があって、「スッキリ!!」がフジの「とくダネ!」を何年かぶりに月間平均視聴率で抜いたようだ。内々に局の編成担当から各スタッフに祝福メールが届いて、そこには「金一封」を予告するような内容が書かれていたらしい。

B 「スッキリ!!」といえば、スポンサーからの巨額融資を受けていた問題が影響して降板した上重(聡)アナ。局員に聞いた話では、局内でほとんど見かけないらしい。プロ野球のシーズン中は巨人戦の実況など“顔が見えない仕事”を地道にこなしていたけど、オフシーズンの今は何をやっているのかサッパリ。来年度には“スッキリ”とアナの肩書を失っているかもしれない。

A 「とくダネ!」は小倉智昭キャスターが、「週刊文春」に覚醒剤で逮捕された俳優の「資金源」と書かれてから、どうも主婦ウケが悪くなったようで、数字にもはっきり表れている。今すぐということはないけど、視聴者離れに歯止めがかからなければ、来年5月の70歳の誕生日か、再来年に迎える放送回数5000回を区切りに勇退ということも十分に考えられる。

C 話はだいぶそれたけど、日テレとテレ朝のトップ争いを尻目に、いちばん攻めていると言われているのがTBSだ。10月9日に放送された「オール芸人お笑い謝肉祭」がBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議対象になったことがニュースになったけど‥‥。

B 今どき珍しく、「低俗」を絵に描いたような番組だったなぁ。特に問題視されたのは、ローションまみれの芸人が下半身をまる出しにするシーンだったそうだけど、1回きりの特番だったから冒険も許されたんだろうね。

C 現場の人間にとって、BPOはやっぱり怖い存在だよ。番組をどうこうする強制力はないけど、「放送倫理上問題あり」という「勧告」を受けると、まずスポンサーが離れていく。上層部も腰が引けてるから「じゃあ、打ち切りにするか」となる。現場にはテレビ番組ごとに契約しているフリーのスタッフが大勢いるわけで、レギュラーが打ち切りになると、それこそ多くのテレビマンが路頭に迷うわけだ。

A 打ち切りといえばSMAP解散とともに終了が決まった「スマスマ」(フジ系)。20年も続いた看板バラエティのラストが気になるところだけどね。

C 現場の人間は冷めたもので、打ち切りが決まると、あのキムタク口調で、「もうオール総集編でいいんじゃね?」と言う古参のスタッフもいて、つい先日、フジ局内の制作ルームに遊びに行ったら、バラエティフロアの奥に陣取っていたスマスマ班のデスクは閑散としていたよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白