芸能

天才テリー伊藤対談「大村崑」(2)収入よりも舞台を選んだんですね!

20161124o

テリー 崑ちゃんは、小さい頃から芸の世界へ行きたいと考えていたんですか?

大村 そうそう、もともとうちの親父が、ええとこのおっさんやのに、おもしろい人でね。みんなから寄付を集めて祭の櫓を作ってその上で踊ってみたり、役者さんから衣装を借りて仮装してみたり、みたいなことが好きな人だったんですよ。僕を肩車して、神戸の繁華街・新開地に連れて行ってくれたりしてね。

テリー なるほど。そんなお父さんのもとで育ったから、芸心みたいなものが自然と養われていたんですね。

大村 で、高校を卒業したあと、芸能界を目指すために神戸のキャバレーでボーイを始めたんです。その店にいてたら、芸能人がいっぱい来るって聞いていましたからね。

テリー 実際、どうだったんですか?

大村 ホントにいろいろ来ましたよ。美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみさん、力道山とか。

テリー すごい! 当時の大スターばかりじゃないですか。

大村 それで、そのキャバレーで司会の仕事をするようになって、そのうち雪村いづみさんのマネージャーと親しくなるんですよ。その人に「プロの司会者になりたいんです」って頼んだら、名司会者の大久保怜さんを紹介してもらって、弟子入りすることになりました。そこで師匠が「大久保」の「大」と僕の本名の「岡村」の「村」をくっつけて、「大村崑」という芸名を考えてくれましてね。

テリー へぇ~、「崑」というのも珍しいですね?

大村 僕も最初はおかしな名前だと思って、「先生、崑だけですか? 崑助とか崑太とか、何か下に付けたほうがいいんじゃないですか?」って聞いたら、「バカ。アリナミンとかビタミンとか、最後に『ン』が付いてると、人に覚えてもらいやすいんだ」と。今にして思えば、いい名前を付けてもらったと思います。

テリー 司会の仕事は、どうだったんですか?

大村 3年ぐらい修業して、歌手とドサ回りの司会をしましたけど、月収7、8万はありましたから、そこそこ稼いでいたんですよ。

テリー えー、当時の7万って今の100万円ぐらいじゃないですか!

大村 でも、お笑いの仕事とは無縁ですから、それに対する不満はあったんですよ。そんな時、師匠のところへ、大阪の北野劇場の支配人が「お前のところの若いのを、うちの専属で使わせてくれないか」という話を持ってきたんです。あの頃の北野劇場と言えば、東京の「日劇」みたいなものです。そんな檜舞台に365日専属で出られるなんて夢のようで、喜んで「行きます!」って言ったね。月収は7万から3万に下がったけどね(笑)。

テリー ハハハ、でも金なんか関係ない、と。

大村 そう。そこで出会ったのが、佐々十郎や茶川一郎なわけです。

テリー おおっ! 大人気だったテレビコメディ「やりくりアパート」のメンバーじゃないですか!

大村 結果的には、この3人でやったのがよかった。2人とも浅草と新宿の軽演劇のコメディアンで厳しくてね、僕はこってりしぼられて、いじめられた(苦笑)。でも、そのおかげでこちらの芸も磨かれて、ドーッとウケるようになってきた。そうしてる間に「大阪テレビ」が開局して、僕の人気も全国区に広がっていくんですよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由