芸能

美女キャスター3人のオフレコ事件をスッパ抜く!(3)テレ東・大江麻理子は会議に夫の意見を…

20161124z-2

 2人の人気キャスターが人知れずストレスをため込む一方で、テレビ東京の大江麻理子キャスター(38)は、無遠慮な言動で周囲を凍りつかせていた。局関係者が内情を明かす。

「大江さんがメインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の打ち合わせで、スタッフはいつもウンザリさせられていますよ」

「WBS」といえば経済情報を扱うテレ東の看板番組。会議でもビジネス界の動向が議題に上るが、大江は事あるごとに、

「それはうちの夫がこう言っていました」

「夫が言うには、その話は違います」

 と、ダメ出しを連発してスタッフはずいぶんオカンムリだというのだ。

「その場にいない“夫”を主語にして意見することが多いんです。そんな大江さんに注意できる人間はいません。『また出たよ‥‥』と半ば諦めている人が大半です」(前出・局関係者)

 2001年に入社した大江は、「モヤモヤさまぁ~ず2」をはじめ、数々のバラエティ番組を担当し、人気アナに上り詰めた。

 しかし、14年3月にニューヨーク赴任から戻って「WBS」のメイン司会に抜擢され、その半年後にマネックス証券創業者との結婚を発表。打ち合わせで大江が「夫が、夫が‥‥」と連呼していた人物こそ、その松本大氏(52)である。

「松本さんと親密になったのは、大江アナが仕事の相談をしたことがきっかけ。今でも番組に関して松本さんにアドバイスをもらうのが日課なんだとか。経済界の第一線で活躍する旦那さんの考えを信頼するのもわかりますが、打ち合わせの話は、社内でも話題になっていて『すっかり松本さんに操られているのでは』なんて噂までささやかれています」(別の局関係者)

 ま、公私混同が指摘されるのは、2人の夫婦生活が順調な証拠でもある。

「夫婦仲は良好なようで、大江さんが忙しい合間を縫って手料理をふるまうことも多く、松本さんは『けっこうおいしいんですよ』と周囲にノロケていると聞きますね。また、大江さんは結婚しても仕事への姿勢を変えない。そんな彼女を慕う局員は多い」(番組関係者)

 番組作りだけでなく、子作りにも意気込みをのぞかせている。

「大江さんは『40歳までには‥‥』と妊活に意欲的です。ただ、仕事面でも私生活でもプレッシャーを感じているのか、最近はかなりやつれてしまったように見えます。打ち合わせでしきりに夫の話を出すのも、何かと心細くなっている証拠かもしれません」(前出・番組関係者)

 悲願のオメデタ報告で、周囲のイライラと“モヤモヤ”を晴らしてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?