芸能

美女キャスター3人のオフレコ事件をスッパ抜く!(3)テレ東・大江麻理子は会議に夫の意見を…

20161124z-2

 2人の人気キャスターが人知れずストレスをため込む一方で、テレビ東京の大江麻理子キャスター(38)は、無遠慮な言動で周囲を凍りつかせていた。局関係者が内情を明かす。

「大江さんがメインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の打ち合わせで、スタッフはいつもウンザリさせられていますよ」

「WBS」といえば経済情報を扱うテレ東の看板番組。会議でもビジネス界の動向が議題に上るが、大江は事あるごとに、

「それはうちの夫がこう言っていました」

「夫が言うには、その話は違います」

 と、ダメ出しを連発してスタッフはずいぶんオカンムリだというのだ。

「その場にいない“夫”を主語にして意見することが多いんです。そんな大江さんに注意できる人間はいません。『また出たよ‥‥』と半ば諦めている人が大半です」(前出・局関係者)

 2001年に入社した大江は、「モヤモヤさまぁ~ず2」をはじめ、数々のバラエティ番組を担当し、人気アナに上り詰めた。

 しかし、14年3月にニューヨーク赴任から戻って「WBS」のメイン司会に抜擢され、その半年後にマネックス証券創業者との結婚を発表。打ち合わせで大江が「夫が、夫が‥‥」と連呼していた人物こそ、その松本大氏(52)である。

「松本さんと親密になったのは、大江アナが仕事の相談をしたことがきっかけ。今でも番組に関して松本さんにアドバイスをもらうのが日課なんだとか。経済界の第一線で活躍する旦那さんの考えを信頼するのもわかりますが、打ち合わせの話は、社内でも話題になっていて『すっかり松本さんに操られているのでは』なんて噂までささやかれています」(別の局関係者)

 ま、公私混同が指摘されるのは、2人の夫婦生活が順調な証拠でもある。

「夫婦仲は良好なようで、大江さんが忙しい合間を縫って手料理をふるまうことも多く、松本さんは『けっこうおいしいんですよ』と周囲にノロケていると聞きますね。また、大江さんは結婚しても仕事への姿勢を変えない。そんな彼女を慕う局員は多い」(番組関係者)

 番組作りだけでなく、子作りにも意気込みをのぞかせている。

「大江さんは『40歳までには‥‥』と妊活に意欲的です。ただ、仕事面でも私生活でもプレッシャーを感じているのか、最近はかなりやつれてしまったように見えます。打ち合わせでしきりに夫の話を出すのも、何かと心細くなっている証拠かもしれません」(前出・番組関係者)

 悲願のオメデタ報告で、周囲のイライラと“モヤモヤ”を晴らしてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる