政治

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(6)もぎ取った悲願の政権交代

20161124s3rd

 地元尼崎の伝統的な保守派の人たちからは、こんな声が漏れてきた。

「こんな選挙は見たことがない。選挙じゃないみたいだ」

「これは地べたを這うようなドブ板選挙じゃない。本当は、こうじゃないんだ」

 旧来の選挙手法に慣れた議員たちから出た苦言であった。

 しかし、中山恵子たちのような小池のスタッフたちにも、選挙区選挙の“スタンダード”なるものがわからない。ドブ板選挙をやれ、と言われても、やりようがない。

 また、選挙民から小池は「タレント上がり!」とも誹られた。中山の見えないところで、小池はもっとひどい罵詈雑言を浴びていたにちがいない。

 が、小池のそれまでにない戦いぶりは、浮動票の多い兵庫2区の有権者の心をつかんだ。

 7月18日、小池は衆議院議員に初当選した。獲得票数13万6000票。日本社会党の土井たか子の22万972票に次ぐ、第2位当選であった。

 小池は当選が決まるや、声をはずませた。

「組織もお金も無い。無い無い尽くしの選挙で勝てたのは、改革を求める人が起こしてくれた風のおかげ」

 日本新党は、この総選挙で一気に35議席を得た。

 小池は、衆議院議員となったものの、その余韻にひたる間もなかった。政権交代は目の前に迫っている。

 それに新人議員の集まりで、全体の状況を把握できるのは小池のほか、数名しかいなかった。

 当時、高輪に移っていた日本新党本部で、時には小池自身が鳴っている電話をとったりもする。それほど人手が足りなかった。スーツなど着ていては、何もできない。髪を振り乱し、ジーンズ姿で、日本新党本部を駆けまわっていた。

 過半数を取れなかった自民党に代わって、竹下派分裂を契機に小沢一郎、羽田孜らが自民党を飛び出し結成した新生党、武村正義が率いる新党さきがけをはじめ、野党が政権樹立に向けて相談を始めた。これからの政権がどうなるか。政権の枠組みは、まだ混沌としていた。

 そんなある日、自民党の名だたる重鎮議員3人が日本新党本部を訪れた。

 自民党としても、政権を死守するために必死だった。だが、細川は小沢一郎が隔離していたため、組織委員長である小池が彼らを迎えることになったのだ。

 小池は、ジーンズ姿で対応した。重鎮らは、丁重に書類を出した。政権枠組みのためのメモ書きであり、選挙制度を中心にまとめられた内容であった。

 それにしても、政界に入って1年ほどしか経っていないヒヨっ子の小池に頭を下げるのは、彼らにとってかなり悔しい思いだったにちがいない。

 小池は、アラブ各国が革命によって政権を樹立した歴史をふり返り、思った。

〈これは革命なんだわ〉

 7月29日、社会党、新生党、公明党、日本新党、民社党など八党派が、連立政権樹立で合意した。

「並立制による選挙制度革命」「腐敗防止のための連座制拡大や罰則強化」「公費助成と一体となった産業・団体献金の廃止」それらを柱とし、関連法案を平成5年中に成立させることを確認した。その上で、首相候補として細川を推すこととなった。

 8月9日、細川は晴れて首相になった。あっという間に、政権交代が行われてしまったのだ。

〈やっぱり、これは無血革命だ〉

 小池は、細川が政権を取るまで切らないでいようと誓った髪の毛を、ようやく切り落とした。

大下英治(作家):1944年、広島県生まれ。政治・経済・芸能と幅広いドキュメント小説をメインに執筆、テレビのコメンテーターとしても活躍中。政治家に関する書籍も数多く手がけており、最新刊は「挑戦 小池百合子伝」(河出書房新社)。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日