芸能

制服+Hカップの「姉セーラー」に挑戦!2017年は「和地つかさイヤー」になる

20161206wachi

 身長148センチにしてB90センチのHカップ。“罪なボディ”でグラビア界を席巻しているのが和地つかさだ。そんな彼女がセーラー服の中に水着をまとったショットを披露。プレミアもののグラビアにチャレンジしている。

「セーラー服を着ていた中学生の時を思い出しますね。あの頃はカラダが大きくなることを前提に大きめのサイズを着ていましたが、グラビアではピッタリ合ったサイズが着られるので、かわいく見えて大好きです。いつもは妹っぽく見られて、年下のアイドル友達にもかまってもらうことが多くて(笑)」

 本人がこうはにかんだのは、12月5日に発売された「アサ芸シークレットVol.43」の名物企画「姉セーラー」の撮影現場でのこと。あえて大人のグラドルにセーラー服を着せたら、“イケナイお姉さん”になるのでは‥‥とのコンセプトのもと、これまでさまざまなアイドルたちが挑戦している。

「これまでは20代後半以上のグラドルに登場してもらうことが多かった『姉セーラー』ですが、今回はあえて23歳の和地さんを抜擢しました。“こんなに童顔で幼く見えても、カラダは立派なお姉さん”が狙いです」(担当編集者)

 17年は年女となる和地に来年の抱負を聞いてみた。

「今回はいつものグラビアよりお姉さんらしく見えてたらうれしいですね。今年は少しずつグラビアで顔と名前を覚えてもらえるようになったと実感しています。来年はもっとステップアップして、もっとたくさんの人に知ってもらえるように頑張ります!」

 17年のグラビア界は「和地つかさイヤー」となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール