女子アナ

葉山エレーヌ、小林悠、本田朋子…世間をにぎわせたあの女子アナたちは今!

20161208kietajosiana

 社員でありながらタレントさながらの活躍を期待されているテレビ局の女子アナたち。画面では華やかな姿を見せてくれる一方で、ひっそりと表舞台から去っていくケースも少なくない。

「アナウンサーは採用も他の職種とは別扱いで、若手のうちは異動とは無縁のはずですが、この6月には11年目の葉山エレーヌ(日本テレビ)がインターネット事業局に、そして7年目の細貝沙羅(フジテレビ)は人事部に異動しました。2人とも見た目の派手さは女子アナ向きですが、葉山は奔放すぎる私生活が、細貝はあまりに下手なアナウンス技術が異動の理由になったようです」(週刊誌記者)

 一方でプライベートな理由から退職するケースも。実業家との交際を週刊誌にスクープされた小林悠(TBS)は、記事が原因で精神面が不安定となり、健康上の理由で3月の依願退職に至った。人気アナだった久保田智子(TBS)は、同局初の女子アナ特派員として海外勤務も経験。15年には日本テレビの政治記者と結婚し、その夫が暮らす米ニューヨークで一緒に暮らすために今年、みずから退職を選んでいる。

「同様に夫に伴う形で地方に引っ越したのが、元フジテレビの本田朋子です。彼女は13年にバスケットボール日本代表でイケメン選手の五十嵐圭と結婚。同年に退職し、近年はフリーアナとして活躍していましたが、夫の五十嵐が今季から出身地の新潟アルビレックスに移籍。それに伴い本田も新潟に転居したのです。もっとも新潟と東京は新幹線で最短1時間37分と近いので、今後もフリーアナとしての活動は続きそうです」(テレビ誌ライター)

 12月5日に発売された「アサ芸シークレットVol.43」ではここで紹介した女子アナを含め、全50人にのぼる「消えた女子アナ」の今を追跡。幸せになった人もそうでない人もいるなか、彼女たちの最盛期に思いを馳せてみるのも楽しそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」