女子アナ

葉山エレーヌ、小林悠、本田朋子…世間をにぎわせたあの女子アナたちは今!

20161208kietajosiana

 社員でありながらタレントさながらの活躍を期待されているテレビ局の女子アナたち。画面では華やかな姿を見せてくれる一方で、ひっそりと表舞台から去っていくケースも少なくない。

「アナウンサーは採用も他の職種とは別扱いで、若手のうちは異動とは無縁のはずですが、この6月には11年目の葉山エレーヌ(日本テレビ)がインターネット事業局に、そして7年目の細貝沙羅(フジテレビ)は人事部に異動しました。2人とも見た目の派手さは女子アナ向きですが、葉山は奔放すぎる私生活が、細貝はあまりに下手なアナウンス技術が異動の理由になったようです」(週刊誌記者)

 一方でプライベートな理由から退職するケースも。実業家との交際を週刊誌にスクープされた小林悠(TBS)は、記事が原因で精神面が不安定となり、健康上の理由で3月の依願退職に至った。人気アナだった久保田智子(TBS)は、同局初の女子アナ特派員として海外勤務も経験。15年には日本テレビの政治記者と結婚し、その夫が暮らす米ニューヨークで一緒に暮らすために今年、みずから退職を選んでいる。

「同様に夫に伴う形で地方に引っ越したのが、元フジテレビの本田朋子です。彼女は13年にバスケットボール日本代表でイケメン選手の五十嵐圭と結婚。同年に退職し、近年はフリーアナとして活躍していましたが、夫の五十嵐が今季から出身地の新潟アルビレックスに移籍。それに伴い本田も新潟に転居したのです。もっとも新潟と東京は新幹線で最短1時間37分と近いので、今後もフリーアナとしての活動は続きそうです」(テレビ誌ライター)

 12月5日に発売された「アサ芸シークレットVol.43」ではここで紹介した女子アナを含め、全50人にのぼる「消えた女子アナ」の今を追跡。幸せになった人もそうでない人もいるなか、彼女たちの最盛期に思いを馳せてみるのも楽しそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々