芸能

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(1)「三田佳子・Wの悲劇」

20161215d

「女優、女優、女優!」と連呼する圧倒的な語り口。三田佳子(75)が「Wの悲劇」(84年、角川春樹事務所)で演じた大女優・羽鳥翔は、日本の映画界に「助演女優」の価値を高める一石となった。

──ちょうど今、オンエア中の「スニッカーズ」のCMも、大女優をみごとにパロディ化していますね。

三田 すごく評判がいいらしいの。おなかがすくと沢尻エリカさんに変わる最初のバージョン以来の反響なんですって。

──あの大女優のモチーフとなったのが、84年の配給収入第4位(15.5億円)を記録した「Wの悲劇」ですね。邦画界きってのアイドル女優だった薬師丸ひろ子が劇団の新人で、そのトップ女優という役どころ。

三田 実は最初のオファーはお断りさせていただいたんです。大女優というのなら、例えば浅丘ルリ子さんとか岩下志麻さんとか適任の方がいらっしゃるんじゃないかと。そこで監督さんに会わせてくださいとお願いしたら、現れたのが澤井ちゃんでビックリ。

──澤井信一郎監督は、東映の任侠映画で長らく助監督を務めていたから、顔なじみだったわけですね。

三田 そう、それで監督とじっくり話して、これがアイドル映画ではなく「アイドルと大女優が肉薄する映画」なら、やらせていただきましょうと。その代わり、役作りは私自身の生き様とか嫌味な部分とか、全てが見えてこないとおもしろくならない。

──原作小説を大幅にアレンジし、劇団を舞台にした「劇中劇」がメインになって、演じる俳優たちとのシンクロが効果的でした。

三田 舞台のシーンの演出に関しては、出演もしている蜷川幸雄さんが全てやってくださいました。スキャンダルを追うレポーターも、梨元勝さんや福岡翼さんなど、全て本物の方々でしたから。

──さて「Wの悲劇」は名セリフの宝庫と呼ばれています。まず、羽鳥翔の長年のパトロン(仲谷昇)が腹上死して、大きな役と引き換えに、新人の静香(薬師丸ひろ子)に身代わりを頼む場面。

三田 ホテルの一室でのやり取りは、たしか1シーン1カットの長回しで撮ったはず。身代わりをためらうひろ子ちゃんに「できないはずないわ、あなた女優なのよ。女優、女優、女優!」と迫って。セリフを覚えるというより、身のうちから出るようにしないと、女優が女優を演じることの二重構造はできなかったわ。

──そして静香をクビにしようとするベテランの劇団員の前で、たった1人で「役者とは何か?」を説く場面は圧巻でした。

三田 役者人生で、あんな苦しいのを突きつけられたのは初めてでした。私の演説に対し、他の人たちは高みの見物的に取り囲んで見ているでしょ。その中で「三田佳子はどんな演技を見せてくれるんだい?」という採点されているような状態。スケートに例えるなら、やったことのない4回転ジャンプを初めて跳ぶような怖さでしたよ。

──印象的なセリフに、新人時代はお金もなく、かといってバイトをすれば稽古の時間が取れない。老女優に「そんな時、オンナ使いませんでした?」と詰め寄って見せた。

三田 荒井晴彦さんの生々しくてすばらしいシナリオでしたね。初の大役で緊張する静香に対しても「私の初舞台は緊張で生理がきたけど、血まみれになりながらやったわよ」というセリフも、女優に対して「さあ言ってみろ!」と突きつけてくる感じがあって、奮い立ちました。

──角川映画としては作品の評価も高く、三田佳子としても多くの助演女優賞を獲得されました。

三田 私が無邪気に喜んだことで、それまで主演女優賞オンリーだった映画界の風潮に「助演女優賞」というのが流行語になるくらい、価値観が変わったようです。生きているうちにもう1度、これに匹敵するような緊張感のある作品に出会いたいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声