芸能

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(1)「三田佳子・Wの悲劇」

20161215d

「女優、女優、女優!」と連呼する圧倒的な語り口。三田佳子(75)が「Wの悲劇」(84年、角川春樹事務所)で演じた大女優・羽鳥翔は、日本の映画界に「助演女優」の価値を高める一石となった。

──ちょうど今、オンエア中の「スニッカーズ」のCMも、大女優をみごとにパロディ化していますね。

三田 すごく評判がいいらしいの。おなかがすくと沢尻エリカさんに変わる最初のバージョン以来の反響なんですって。

──あの大女優のモチーフとなったのが、84年の配給収入第4位(15.5億円)を記録した「Wの悲劇」ですね。邦画界きってのアイドル女優だった薬師丸ひろ子が劇団の新人で、そのトップ女優という役どころ。

三田 実は最初のオファーはお断りさせていただいたんです。大女優というのなら、例えば浅丘ルリ子さんとか岩下志麻さんとか適任の方がいらっしゃるんじゃないかと。そこで監督さんに会わせてくださいとお願いしたら、現れたのが澤井ちゃんでビックリ。

──澤井信一郎監督は、東映の任侠映画で長らく助監督を務めていたから、顔なじみだったわけですね。

三田 そう、それで監督とじっくり話して、これがアイドル映画ではなく「アイドルと大女優が肉薄する映画」なら、やらせていただきましょうと。その代わり、役作りは私自身の生き様とか嫌味な部分とか、全てが見えてこないとおもしろくならない。

──原作小説を大幅にアレンジし、劇団を舞台にした「劇中劇」がメインになって、演じる俳優たちとのシンクロが効果的でした。

三田 舞台のシーンの演出に関しては、出演もしている蜷川幸雄さんが全てやってくださいました。スキャンダルを追うレポーターも、梨元勝さんや福岡翼さんなど、全て本物の方々でしたから。

──さて「Wの悲劇」は名セリフの宝庫と呼ばれています。まず、羽鳥翔の長年のパトロン(仲谷昇)が腹上死して、大きな役と引き換えに、新人の静香(薬師丸ひろ子)に身代わりを頼む場面。

三田 ホテルの一室でのやり取りは、たしか1シーン1カットの長回しで撮ったはず。身代わりをためらうひろ子ちゃんに「できないはずないわ、あなた女優なのよ。女優、女優、女優!」と迫って。セリフを覚えるというより、身のうちから出るようにしないと、女優が女優を演じることの二重構造はできなかったわ。

──そして静香をクビにしようとするベテランの劇団員の前で、たった1人で「役者とは何か?」を説く場面は圧巻でした。

三田 役者人生で、あんな苦しいのを突きつけられたのは初めてでした。私の演説に対し、他の人たちは高みの見物的に取り囲んで見ているでしょ。その中で「三田佳子はどんな演技を見せてくれるんだい?」という採点されているような状態。スケートに例えるなら、やったことのない4回転ジャンプを初めて跳ぶような怖さでしたよ。

──印象的なセリフに、新人時代はお金もなく、かといってバイトをすれば稽古の時間が取れない。老女優に「そんな時、オンナ使いませんでした?」と詰め寄って見せた。

三田 荒井晴彦さんの生々しくてすばらしいシナリオでしたね。初の大役で緊張する静香に対しても「私の初舞台は緊張で生理がきたけど、血まみれになりながらやったわよ」というセリフも、女優に対して「さあ言ってみろ!」と突きつけてくる感じがあって、奮い立ちました。

──角川映画としては作品の評価も高く、三田佳子としても多くの助演女優賞を獲得されました。

三田 私が無邪気に喜んだことで、それまで主演女優賞オンリーだった映画界の風潮に「助演女優賞」というのが流行語になるくらい、価値観が変わったようです。生きているうちにもう1度、これに匹敵するような緊張感のある作品に出会いたいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ