芸能

署名運動も!のん、映画の大ヒットで「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

20161213non

“のん”こと能年玲奈が主人公の声優を務めるアニメ映画「この世界の片隅に」が、SNSなどの口コミから火が付き大ヒット。快進撃が止まらないという。

「全国映画動員ランキングでも3週連続で前週超え。今やトップ3を狙う勢いです。このヒットをきっかけに、『ユアタイム』(フジテレビ系)や『あさイチ』(NHK)といったテレビ番組でも取り上げられ、この勢いは当分止まりそうもありません」(テレビ誌ライター)

 この人気に乗り、今月16日には、のんの写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」が発売される。のん自身も復活に向けて、最高のスタートを切ったといってもいいのではないか。

「のんも『すごくてこずりました。現場でとことん向き合っていただきました』とコメント。実際に現場でも、声の出し方から人物描写に至るまで、監督を質問攻めにしていたと聞いています。ほわほわしていて可愛らしく天然、だけど決めたらやり通す強さを持つ主人公の存在が、のんのイメージと重なり合ってこのヒットが生まれていると見る声もあります。この映画をきっかけに、のん自身も大きく飛躍するのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 そんななか、「能年玲奈」という芸名をもう一度復活させようとするファンの動きが、ネットを中心に盛り上がっているという。

「もともと『能年玲奈』は、彼女の本名。NHK朝ドラ『あまちゃん』の大ブレイクで、国民的女優にまで成長したのに、事務所との確執で封印されてしまいました。テレビなどメディアへの出演も難しい現状を、なんとかしたいというファンが、もう一度『能年玲奈』を名乗れるように署名運動に動き始めています」(事務所関係者)

 映画の大ヒット、写真集の発売、署名運動と、追い風に恵まれたのんだが、本当に「能年玲奈」を再び名乗れる日がやってくるのだろうか。

「もしチャンスがやって来るとしたら、2019年に放送が決定しているNHKの大河ドラマ。脚本・宮藤官九郎、スタッフも『あまちゃん』チームですから、復活の舞台としては申し分ありません。テーマは、オリンピック。翌年の東京オリンピックを控え、NHKも話題作りに乗ってくる可能性大ですよ」(放送作家)

 NHKを巻き込んだ復活劇をぜひ見てみたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)