事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(4)木嶋佳苗「悪魔の男狩り」手口

2016_60th_aaa

 09年9月、埼玉県警は住所不定無職の木嶋佳苗を詐欺罪で逮捕した。婚活を利用した不審死事件の容疑者として次から次へと男を騙していた彼女の生き方とは…。

 木嶋は北海道別海町出身。取材では、小6の頃から性体験を吹聴する早熟で、中学高校時代の性的な仕事、高卒後〈男を探しに〉上京した。09年11月19日号で、こう報じた。

〈「高校時代は中標津で売春していたけど、3年生くらいになると、釧路まで進出していたみたいです…一度、別海町でも男の人の車に乗っているのを見たことがありますが、ホントに冴えない40代後半の白髪のオジサンでした。どうしてこんなキモいオジサンと一緒にいられるんだろうって思っちゃいました」高校時代から、地味なタイプの男性が、自分に都合よく金を供給する対象だと知り尽くしていたのだろうか〉

 男たちと出会うのはインターネットの「婚活サイト」だった。手口は単純だが、男たちはコロコロと騙されていった。

〈「木嶋はインターネットの料理サイトで毎日ブログを更新していました。叶姉妹を理想の芸能人とあがめ、有名レストランでの食べ歩きなどグルメ三昧の生活が綴られており、エルメスなどの高級ブランド品、都内の高級ホテルで過ごす様子の写真が貼り付けられるなど、セレブを気取っていた」〉

 手口は単純だが「結婚」という甘いエサに誘われた男たちは悪女の餌食となり命を落とす奇々怪々な事件だった。

 木嶋周辺では6件の男性不審死事案があり、被害者たちが木嶋に貢いだ総額は1億万円を優に超えるという。

 現在、木嶋は未決囚として最高裁判決を待つ身である。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?