事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(3)「ヒ素カレー」事件の林真須美容疑者の判決は…

2016_60th_zz

 98年7月、和歌山市園部地区の夏祭りでカレーライスを食べた67人が腹痛や吐き気を訴えて救急搬送、4人が死亡した。吐瀉物からは亜ヒ酸が検出され、事件の幕が開いた。

〈「AさんとBさんは現在わかっているだけで、総額1億3000万円の会社名義の保険に入っていたんです。本人も承諾していた保険もあったんですが、ほかに当人の知らない保険が複数あった。で、度重なる入院によって、会社に1000万円以上の入院給付金が支払われていた。ところが、その一部がC氏(林健治)の懐に入っていた」〉(98年9月10日号)

 こうして林真須美と健治の「疑惑の夫婦」がマスコミに登場した。健治に白アリ駆除の前歴、ヒ素中毒と思しき症状などが露顕。また真須美は、食い下がる報道陣を軽々といなす言動や、保険金に関する豊富な知識、浪費癖などがテレビ報道とともに注目を浴びた。

 「林真須美『妊娠3カ月流産』に[7人の男]不倫ドロドロ愛欲!」(10月22日号)で、逮捕時に妊娠していたとスクープ!複数人との乱倫、そして取り調べでは完全黙秘を貫き食事は平らげる、といった情報が堰を切ったように出始めた。

 09年に最高裁が上告を棄却し、死刑判決は確定した。

 しかし、この死刑判決には直接証拠がまったくない、という弱点があった。疑問を呈する専門家もいる。

「状況証拠の積み重ねと推論にすぎない」「保険金詐欺のような知能犯が、突然無意味かつ危険な無差別殺人に出た、動機がわからない」「唯一の物証であるヒ素の鑑定が不十分」などの疑問点があるという。

 真須美は現在戦後11人目の女性死刑囚として拘置中だが、再審請求を出して冤罪を訴えている。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
2
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
5
乃木坂46山下美月、「黒板中に悪口」壮絶イジメ体験を初激白に驚きの声