事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.17(3)「ヒ素カレー」事件の林真須美容疑者の判決は…

2016_60th_zz

 98年7月、和歌山市園部地区の夏祭りでカレーライスを食べた67人が腹痛や吐き気を訴えて救急搬送、4人が死亡した。吐瀉物からは亜ヒ酸が検出され、事件の幕が開いた。

〈「AさんとBさんは現在わかっているだけで、総額1億3000万円の会社名義の保険に入っていたんです。本人も承諾していた保険もあったんですが、ほかに当人の知らない保険が複数あった。で、度重なる入院によって、会社に1000万円以上の入院給付金が支払われていた。ところが、その一部がC氏(林健治)の懐に入っていた」〉(98年9月10日号)

 こうして林真須美と健治の「疑惑の夫婦」がマスコミに登場した。健治に白アリ駆除の前歴、ヒ素中毒と思しき症状などが露顕。また真須美は、食い下がる報道陣を軽々といなす言動や、保険金に関する豊富な知識、浪費癖などがテレビ報道とともに注目を浴びた。

 「林真須美『妊娠3カ月流産』に[7人の男]不倫ドロドロ愛欲!」(10月22日号)で、逮捕時に妊娠していたとスクープ!複数人との乱倫、そして取り調べでは完全黙秘を貫き食事は平らげる、といった情報が堰を切ったように出始めた。

 09年に最高裁が上告を棄却し、死刑判決は確定した。

 しかし、この死刑判決には直接証拠がまったくない、という弱点があった。疑問を呈する専門家もいる。

「状況証拠の積み重ねと推論にすぎない」「保険金詐欺のような知能犯が、突然無意味かつ危険な無差別殺人に出た、動機がわからない」「唯一の物証であるヒ素の鑑定が不十分」などの疑問点があるという。

 真須美は現在戦後11人目の女性死刑囚として拘置中だが、再審請求を出して冤罪を訴えている。

カテゴリー: 事件   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!