政治

韓国・朴槿恵大統領を待ち受ける「韓国女子刑務所」のドン底生活!(1)長期受刑者になる可能性も…

20161229o1st

 12月9日、韓国の国会で朴槿恵(パククネ)大統領(64)の弾劾訴追案が可決され、大統領としての職務権限が停止した。「友人の国政介入」に端を発し、「収賄」や「憲法違反」の疑惑まで浮上。逮捕・収監は待ったなしの状況だ。

 現時点で、朴大統領の去就は憲法裁判所に委ねられている。「コリア・レポート」の辺真一編集長が今後を占う。

「検察の訴えが棄却されるか、朴槿恵が罷免されるかは五分五分でしょう。朴が現職の大統領であるかぎり、刑事責任を追及されることはありませんが、憲法裁判所が罷免の審判を下せば、即座に逮捕されるのは間違いないと思います」

 容疑については、友人の崔順実(チェスンシル)被告への「機密情報漏洩」、14年のセウォル号沈没事件において、「国民の生命と安全を守る」という職務を放棄した「憲法違反」、さらには収賄罪まで取りざたされている。

「日本と比べて、韓国では経済事件の罪が非常に重い。収賄ひとつとっても10年から無期懲役までの実刑が考えられます」(前出・辺氏)

 朴大統領が、長期受刑者になる可能性まで出てきたのだ。有力視される収監先は、ソウルの大統領官邸から約130キロ離れた清州市にある「清州女子矯導所」。「韓国総合正論新聞」の李勝敏記者によると、

「1989年に新設された、韓国唯一の女性専用刑務所です。女性受刑者の中でも主に長期囚が収監され、現在は約640名の女性が服役しています」

 朴大統領を待ち受ける“塀の中”のドン底生活とは──。同刑務所の元受刑者で、「韓国女子刑務所ギャル日記」の著書がある“あき”こと仲河亜輝さんが振り返る。

「ストレスのせいで、生理が止まりました。55歳未満の受刑者には、生理用品が無料で配られるのですが、私には不要だったので、他の受刑者と相談して、食品や日用品と交換してもらっていました」

 彼女は、身に覚えのない違法薬物の密輸罪で、08年10月に仁川国際空港で逮捕され、約3年間の拘禁生活を余儀なくされた。

「空港に隣接された拘置所では最初に裸で身体検査を受けました。その後、衣服はパジャマの下を除いて全て“官物”に着替えさせられました。パンツは体操着のような青のブルマ。シャツはジッパーがついた緑色の長袖で、水道屋さんの作業服みたいに地味なものでした。初日にシャワーを浴びるように言われましたが、お湯が出なくて、震えながら体をキレイにしました」(亜輝さん・以下同)

 冤罪を主張したが、裁判で懲役3年の実刑判決を受けると、さらに過酷な環境に身を置くことになる。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題