スポーツ

スポーツ紙「穴党記者」大儲け座談会!「有馬記念」のキーワードは“PPAP”?(1)ゴールドアクターは400キロ台が条件!

20161229b1st

 12月25日に2016年の総決算「有馬記念」が中山で行われる。ファン投票1位キタサンブラック、連覇を狙うゴールドアクターに人気が集まりそうだが、スポーツ紙「穴党記者」3名は波乱ありと見て、激走馬をあぶり出した。

水戸 いや~、悪い、悪い。遅れて申し訳ない。すっかり忘れてて、ソバ屋で一杯やってたよ(予定よりも約1時間遅れで到着)。

椎名 やっと、レアキャラの“ボケモン”が来た。

山河 “酒タイプ”ですね。

水戸 何を言ってるんだ。私はまだボケてなんかいないぞ。でもホント、すみません。じゃあ、始めようか。

椎名 今年の有馬は、去年の上位組の4頭、ゴールドアクター、サウンズオブアース、キタサンブラック、マリアライトに、サトノダイヤモンドがどう絡んでくるかが焦点ですね。

水戸 まあ、1番人気はキタサンブラックだろう。もし勝ち負けすれば、私は年度代表馬に1票を投じるつもりでいる。

山河 えっ、まさか水戸さん、本命ですか?

水戸 それはないが、とてもキレイな馬体でカッコよくて、嫌いじゃない。ただ血統(母系)からいって、どうしてここまで走っているのか、いまだにわからないところがある。近親に大物がいるわけでもなく、サンデーサイレンスのような、まれに出てくる異能馬なのかもしれない。

山河 成績が崩れてくれないから穴党としては困りますよね。有馬よりもJCにウエートを置いていた感があるので上積みはどうかですけど、(武)ユタカさんの円熟騎乗と、この馬の本格化がかみ合って、完成の域に達している。印で3番手以下には落とせません。

椎名 良馬場のJCで逃げ切ったのは84年のカツラギエース以来32年ぶり。でも勝ったということは、古馬になってストライドがさらに大きくなり、広いコースのほうがよくなったのかもしれません。今年負けた2戦は、ともに阪神だし、中山はマイナスでしょう。何かにやられる気がします。

水戸 そのJCで4着に敗れたが、ゴールドアクターは完全に有馬狙い。前走は馬体に余裕があってカリカリしていた。ガス抜きができた今回は、連覇の可能性もなくはない。

椎名 今年の世相を表す漢字は「金(ゴールド)」ですが、先日、1人のアクターが芸能界を去りましたから、馬券圏外に去るかも(笑)。確かに中山は走りますけど、有馬を連覇した馬は、シンボリルドルフやグラスワンダーといった相当の名馬。そこまでの器ではない気もします。

山河 いくつか条件が付きますよね。前走はプラス8キロで数字以上に余裕があった。まずは500キロを切ってくるのと、調教で攻めて状態が上がっていること。あと、去年は好位から絶妙なタイミングで抜け出しましたけど、人気を背負う今回も同じことができるのかどうか。ここは絶対に落とせないと、少しでも吉田隼騎手に焦りが出たら‥‥。

水戸 とにかく当日、馬体が締まって見えればチャンスはある。

<座談会メンバー>

山河浩 東京スポーツ記者。97年入社後、一貫して中央競馬担当の大穴党。04年の皐月賞では馬単1点勝負で150万円の払い戻し。今年はポケモンGOにハマり、第一世代は残り1つでコンプリート。

椎名竜大 スポーツ報知記者。10年に穴党に転じた直後のスプリンターズSで35万馬券を的中させ、一気にブレイク。“カラオケ党”でもあり、今回の座談会では“話題”のチャゲアスを熱唱して締めくくった。

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。週刊アサヒ芸能で「万券を生む血統論」を連載する記者歴30年以上の超大穴党。1年に1度は手にしてきた帯封(100万円)だが、今年はいまだに実現せず。この有馬記念で大勝負する。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”