芸能

天才テリー伊藤対談「藤吉久美子」(4)「たまたま」でもすごい人生だよね

20161229s

テリー 藤吉さんは、NHKの朝の連続テレビ小説「よーいドン」でデビューされてから、ずっと順調なキャリアを築いていますよね。

藤吉 ものすごく売れたとか、逆にダメになったこともなくて、いい意味で「中間層」な感じで(笑)、継続してお仕事をさせていただいております。

テリー それ、いちばんいいと思いますよ。ちなみに、結婚や出産を機に仕事をやめようと考えたことはあるんですか?

藤吉 うーん、それよりずっと前ですけど、朝ドラが終わった時は迷いましたね。お芝居自体が、やりたくて始めた仕事じゃないので。

テリー えっ? そもそも、どういう経緯でこの世界に入られたんですか?

藤吉 もともとダンサーになりたくて、大阪芸大の「舞台芸術学科」というところに入ったんです。その時まだ「劇団☆新感線」が大学の学生劇団で、(主宰の)いのうえひでのりさんから「振り付けをやってほしい」と頼まれまして。

テリー すごいな、今や大人気の劇団ですよね。

藤吉 そのご縁から、一度だけその劇団の舞台に主役で出たことがあるんです。それをたまたまNHKの方がご覧になっていて「オーディションを受けないか」と誘われたんですよ。

テリー また「たまたま」ですか(笑)。しかも、人生を変える「たまたま」が多いですねェ。

藤吉 本当ですね(笑)。そんなきっかけなものですから、朝ドラが終わった時に女優をやめようかと思ったんですけど、「ここでやめても、私が朝ドラのヒロインだったことは一生ついて回る。だったら、ここから先に進もう」と決意したんです。

テリー うん、ヒロインの思い出を引きずって生きるより、その先にある新しい自分に希望を見いだすのは、実に正しいよ。

藤吉 ですから今は、「もう、あなたはいりません」って言われるまで頑張るつもりです。その時には、いつでも普通の女に戻る心の準備はできていますけど(笑)。

テリー またまた、そんなこと言って。最近はライブを開催したり、活動の幅もどんどん広がっているじゃないですか。

藤吉 実は私、ダンサーより前は歌手になりたかったんですよ、ピンク・レディー世代ですから(笑)。オペラは趣味でもう10年以上やっているんですけど、一昨年ぐらいからライブハウスで歌うようになったんです。

テリー へえ、どんな歌ですか?

藤吉 お客さんと一緒に歌えるといいなと思ったので、ユーミンとか中島みゆきとか、私が若い頃にはやっていた曲を中心に歌っています。ステージから見ると、客席にいる皆さんの口が歌と一緒に動いてるのがわかるので、うれしいですね。

テリー 同世代だと、特に盛り上がるよね。

藤吉 来年1月にまたライブをやるんですけど、その時は趣向を変えて男性ボーカルの曲を歌おうと思っているんです。あらためて歌詞を読んでみると昭和歌謡の世界ってすごいですね。

テリー 確かに、あの頃の歌って、男と女のちょっとしたドラマを描いているみたいだもんね。

藤吉 まさにそうです。3分のお芝居で起承転結のある物語を描くのは難しいけど、私は歌うことでそれを“演じてみたい”んです。そういう挑戦を、このライブでできたらいいな、と思っています。

テリー これだけの意欲があるなら、しばらく藤吉さんのやめ時は来そうもないな(笑)。

◆テリーからひと言

 明るくて頭がよくて、話の端々に育ちのよさを感じる女優さんだね。太川さんが好きになるのもよくわかる! 初めて太川さんをうらやましいと思いました。末永くお幸せに!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明