芸能

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(1)「横山めぐみ・真珠夫人(2002年)」

20170202o

 昼ドラブームの起爆剤となった「真珠夫人」(02年、フジテレビ系)は、ドロドロの設定と過激なセリフの応酬が人気だった。ヒロイン・瑠璃子を演じた横山めぐみ(47)が、魔性に目覚めた瞬間を語る。

──もう15年も前になりますが、今なお「真珠夫人」はドラマ好きの間で語り継がれていますね。

横山 当時、オンエア中もネットの反響がすごかったの。それを見て私たちもモチベーションがどんどん上がっていく感じでした。でも、実は最初はお断りしようと思っていました。

──これほどの当たり役をなぜ?

横山 その12年前、同じ昼ドラの「新金色夜叉 百年の恋」(フジ系)でお宮の役をやったんです。昼ドラって、1日30分のオンエアが週に5日あって、その収録を1週間で済ませるからスケジュールがとにかく大変。もう2度とやりたくないと思ってたんだけど、脚本を読んだら「これ、おもしろい!」で即決(笑)。

──濁流が何層にも溶け合う中島丈博のシナリオは、強烈なセリフも多かった。ヒロイン・瑠璃子を婚約者の杉野直也(葛山信吾)から奪い、無理やり結婚する荘田勝平(大和田伸也)のセリフなど特にインパクト大です。

〈この肌ざわり、艶やかさ。あぁ、瑠璃子‥‥たまらんよ。お前は奇跡の果実、天空の宝石。お前が美しく、豪華であればあるほど、わしはお前を汚したい。この醜い体をお前に押しつけ、お前の中に分け入りたい〉

横山 ああ、言わせていましたね。全65話のドラマの序盤は清楚な感じでしたが、後半は娼館を切り盛りしている設定でしたので、衣装もメイクも強めになって、かなり妖艶な雰囲気が出せたと思います。

──デビューは87年の「北の国から ’87初恋」(フジ系)で、純(吉岡秀隆)の恋人・れいの役。

横山 ずっと、れいちゃんみたいな役のイメージを求められてて、15年目に、ようやく「真珠夫人」で覆すことができました。

──違う男に嫁いでも、愛する男に「2年待って。きれいな体のままでいますから」と言うセリフは有名ですが、自身と重なり合う部分はありますか?

横山 あると思います。魔性の部分というより、自分の本能に忠実に生きている部分が近かった。

──昼ドラ特有のイロっぽいシーンは?

横山 ありましたよ、キスシーンは何度もあったし、ベッドシーンもやりました。

──この年、流行語ベストテンにも「真珠夫人」が入っていましたね。

横山 大賞の「タマちゃん」に勝てなかったけど(笑)。

──このドラマと前後して、バラエティながら「SMAP×SMAP」(フジ系)の名物コーナー「体感エレベーター」も、妙ななまめかしさがありました。

横山 木村拓哉さんがエレベーターに乗り込んで、階に到着するまでエレベーターガールの私と「泥沼の不倫」などのお題に沿ったミニドラマを演じて。あれはおもしろい企画でしたよ。

──伝説の「真珠夫人」から15年、また衝撃の作品を期待しています。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声