政治

蓮舫「水着ビデオ」撮影で見せていた2番じゃダメな色香素顔

20170209k

 あの巨匠監督の下、ハイレグ水着を食い込ませて、はしゃぐ人物こそ民進党代表・蓮舫氏(49)だ。入手したお宝DVDには、国会議員の痴態と、隠し通す出自の暴露があった──。

「1年間契約していまして、主な仕事はだいたいポスターとか、カレンダーとかの仕事以外に、イベントとかをして週末に全国を回っています」

 日焼けした肌にピンクのワンピース姿、まぶしい笑顔でインタビューに応じている人物こそ蓮舫氏だ。

「’88キャンペーンガール」と題されたこのイメージDVDは、当時のキャンギャルを集めたオムニバスの作品。88年に羽田空港近辺で撮影されたのだが、蓮舫氏は「クラリオンガール」として出演している。

 この作品の監督は、“ハメ撮りの帝王”の異名を持つ、あの村西とおる(68)氏。本撮影にはブリーフ姿でこそ挑まなかったものの、「ナイスですね」と称賛を惜しまない。

「服を着ていてもエロはエロ、ナイスはナイス。裸でなくても、そこに存在するスケベを追求したくて制作いたしました。彼女は、私の会った数々のイメージガールの中でも、当時からイチオシの存在でした」

 全動画中、蓮舫氏の出演時間は約4分17秒。まずピンクのワンピースで、冒頭のようにインタビューに答えた蓮舫氏。画面下部に流れたテロップによれば、B80センチ・W58センチ・H80センチのボディである。

「彼女はスタイルで勝負するタイプではないけど、それでもナイスなプロポーションとあの勢いで、大物になるだろう、と当時から感じていたよ」(前出・村西氏)

 インタビューが終わると、衣装はショッキングピンクの超食い込みハイレグ水着姿にチェンジ。蓮舫氏はプールサイドに横たわったり、フラフープを回したり、くっきり浮かび上がるお尻の割れ目のドアップを惜しみなく披露しているのだった。

 このDVDに収録された他のイベントガールの中で、唯一生き残った蓮舫氏。他人にはかつて民主党政権時代、「2番」を強要しながら、みずからは「2番じゃダメ」なハングリー精神は、この撮影時にも見られたようである。

「上昇志向は常に伝わってきました。例えば撮影中に、頼んでもいないのに、カメラに向かってみずからウインクやキッス、水着の食い込みを直すなど、やる気が伝わってくるのです。プールサイドで腰をくねらせ、グイグイっとする姿は、自分の名前『れんほう』を尻で書いたように見えました(笑)。それくらい“負けてたまるか”という強さを感じましたね」(前出・村西氏)

 昨年9月に民進党代表に就任した蓮舫氏だが、「NHKの政治意識月例調査2017」によれば、民進党の支持率は、1月で8.7%。昨年末より、0.3ポイント落ち、失速が止まらない状態だ。

 凋落のきっかけは、代表選の過程で噴出した蓮舫氏の「二重国籍疑惑」。戸籍の開示について、蓮舫氏は、

「きわめて個人的な件」

 として拒否している。しかし、本DVDでは、みずからの出自を、

「父親がいちおう台湾国籍で、中国国籍で、母親が日本人で、俗に言うハーフです」

 と明かしている。「父親が台湾国籍で、中国国籍」とすれば、多重国籍となるのだが…。着用していたハイレグ水着の股間部のような人気の「V字回復」は、難しい!?

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」