芸能

天才テリー伊藤対談「港カヲル(皆川猿時)」(3)22歳の時はバイトの記憶しかなくて

20170216c

テリー せっかくですから役者・皆川猿時さんのお話も聞きたいんですが。福島から出てきて、最初は「東京乾電池」に入ったんですね。

 はい、研究生として1年間所属しました。

テリー 上京した時にはもう役者を目指していた?

 そうなんです。当時、おニャン子クラブの渡辺美奈代ちゃんが大好きで。彼女に会いたくて「芸能界に入ろう」と。

テリー いいですね、動機が不純で(笑)。でも、美奈代ちゃんと乾電池だと、かなりの距離感があるじゃないですか。

 当時は今みたいに情報もネットもなかったので、高校の図書館で「役者になるには」っていう本を読んだんですよ。そこにいろいろな劇団の連絡先が載っていて、唯一知っていたのが「東京乾電池」だったんです。僕はテリーさんが演出されていた「(天才・たけしの)元気が出るテレビ!!」世代ですから、「あっ、高田純次さんだ、知ってる知ってる!」と思って手紙を出したら、オーディションの通知が来まして。

テリー 何で1年でやめちゃったの?

 やめたんじゃなくて、研究生の中から選抜された人だけしか残れないんですよ。だから、そこが最初の挫折でしたね。

テリー なるほど。で、どうするんですか?

 同じく残れなかった友達と2人で、劇団みたいなものを立ち上げました。でも、大人計画に入るまでの5年間で、公演を打ったのは3回ぐらいですね。知り合いの役者を呼んで5人ぐらいで、すごく小規模な公演でしたし。

テリー それは経済的にも大変だよね?

 公演を打つごとに借金しちゃうことになるので、ずっとバイトしていて、お金がたまったら「そろそろやろうか」って。だから僕、公演のなかった22歳の時はバイトしていた記憶しかないんですよ。だから「22歳の別れ」って曲がありますけど、あれにはまったく共感できないです(笑)。

テリー ハハハハ、恋愛や青春がなかったってこと?

 まったくないですよ。

テリー そこから、どうして大人計画に? 今でこそ大人気の劇団ですけど、当時は今ほどメジャーではなかったですよね?

 18歳ぐらいの時に「ゲームの達人」っていう大人計画の芝居を観たんですが、それがすごくおもしろくて、一観客としてずっと観ていたんです。で、自分の劇団が「もう続けていくのは無理だな」という感じになったタイミングで、ちょうど大人計画のオーディションがあったんです。

テリー それに合格したんだ。ここで人生、大きく変わりましたよね。それがなかったら、この年で大舞台で歌を歌ってることもないだろうし(笑)。

 本当ですね、大人計画に入っていなかったら、今頃何をしてたのか。

テリー 主宰の松尾スズキさんは、お会いしたことはないんですけど、どんな方なんですか?

 今は温厚ですけど、昔はすごく怖かったですね。演出も「横にぶっ倒れてみろ」とか「パイプ椅子のすき間に飛び込んでみろ」とかムチャなことばっかりさせられて。

テリー でも、そういうのは得意そうですよね?

 そうなんです。ムチャなことって「やれ」って言われて初めてやるもので、なかなか自分からはできないじゃないですか。だから、すごく楽しかったですね。

テリー へぇ、それは演出する側からすると、すごくいい人材なんですよ。そこを松尾さんは見逃さなかったんだね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?