芸能

天才テリー伊藤対談「葉加瀬マイ」(2)そんなバストをどう隠してたの?

20170309b

テリー 俺、ヤンキーの話は大好物だからさ(笑)、詳しく教えてよ。例えば、どのくらい校則は厳しかったの?

葉加瀬 制服の第1ボタンを開けちゃダメ、髪の毛は肩についたら結ばなきゃダメ、カバンを潰しちゃダメ。お化粧もダメ、携帯電話もダメ。もう、全てがダメだったんですよ。

テリー 学校なんだから、それくらい当たり前のような気もするけど。

葉加瀬 なので、そのダメと言われていることをちょこちょこやったり、スカートの裾をちょっと上げたりしてました。

テリー 何だよ、そんなレベルのこと、全然、普通じゃない(笑)。

葉加瀬 フフフ、確かに今にして思えば、悪い子じゃないですよね。でも、本当に真面目なお嬢様学校だったので、そういうことをちょっとやるだけで先生からマークされちゃった。当時は自分のことを“すごい不良”だと思っていました(笑)。

テリー かわいいものだね。ヤンキーどころか、ますます本物のお嬢様だってことがよくわかったよ。しかし、そういうわけで、学生時代は悶々としていたと。

葉加瀬 はい、早く東京の大学に入って、自由になりたいと思っていました。

テリー じゃあ、念願の上京を果たした時はうれしかったでしょう? 1人暮らしで、親の監視もないから遊び放題だもんな。

葉加瀬 フフフ、おかげさまで(笑)。サークルに入ったり、合コンを楽しみました。

テリー 合コンの相手は、誰?

葉加瀬 早稲田とか慶應の方が多かったです。あと、東大のサークルに行っていたので、東大生の方も。

テリー 東大生なんて、そのオッパイ見たら倒れちゃうだろう? 大学生の頃の俺だったら、もう鼻血出っぱなしだな。

葉加瀬 実は私、グラビアを始めるまで、胸が大きいことを隠して生きてきたんです。

テリー え、そうだったんだ!? しかし、どうやって隠すのさ、そんなに大きいものを。

葉加瀬 ブラジャーはつけずに、胸を押し潰す下着をずっと着けていたんです。それを着ければ、胸が本当に平らに見えるんです。

テリー へぇー、それで男はみんなダマされていたわけか。自分で「あれ、私オッパイが大きい?」って気づいたのは、いつ?

葉加瀬 中2の時に、もうFカップぐらいありましたからね。中高生時代はよくお風呂に入ったまま寝ていたんですけど、起こしに来るお母さんが、いつも驚いていました。「オッパイ、こんなに大きいの!?」「オッパイが浮いてる!」って(笑)。

テリー 何だよォー、その役目、俺にやらせてほしかったな。今だって浮いてるんだろう?

葉加瀬 フフフ、浮いていますよ。

テリー そういう時は、俺に連絡くれよ、すぐ見に行くから(笑)。で、大学時代は彼氏もできた?

葉加瀬 そうですね。おつきあいした人もいました。でも、正真正銘のお坊ちゃんで、すごくビックリしました。

テリー お嬢様が何言ってるの。彼もお金持ちだったんでしょう、最高じゃないの。

葉加瀬 いえいえ、私なんかよりもっと世間知らずで、全てが自分を中心に回っているかのような行動をする人で、大変だったんです。

テリー それは、エッチの時もじゃないの?

葉加瀬 フフフ、そうかもしれませんね。ご想像にお任せしますけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!