スポーツ

創部1年で選抜出場を果たしたあの高校が甲子園に帰って来る

 創部1年という史上最速記録で選抜出場を果たした高校がある。大会3日目の第1試合に登場する創志学園(岡山)だ。10年に学校が創立されると同時に野球部が創部され、翌11年の第83回大会に出場したのだ。この時は当然のように全員1年生部員ながら、前年の秋季中国大会で堂々の準優勝。史上最速で甲子園大会に出場したチームとして注目を浴びた。それに加えて開会式での選手宣誓という大役も、当時の野山慎介主将が任されることになり、こちらも甲子園史上最速記録として話題となった。ところが試合では北海道の古豪・北海の前に1対2で惜敗し、初戦で敗退した。

 その5年後の16年、リベンジを期して2回目の出場を果たしている。この時は同年のドラフト会議で読売に5位指名される、エース・高田萌生が主軸。高田は最速154キロを誇り、“松坂大輔2世”と呼ばれるほど大会前から注目の右腕だった。

 だが、初戦こそ5対1で東海大甲府(山梨)に快勝したものの、2回戦でこの大会の準優勝校となる古豪の高松商(香川)の前に1対5で完敗。同年は夏の選手権にも初出場を果たし、またも高田がクローズアップされたものの、その肝心の高田が乱調。4対0とリードしていた4回裏に4点、5回裏にも4点を取られ、結局、8対11で初戦敗退となってしまった。要は過去3回、大会前に注目されたものの、いずれも結果を残せなかったチームなのである。

 そして3季連続出場を果たした今大会。初戦で戦うのは絶対的エースの本格右腕・三浦銀二を擁する福岡大大濠。昨年秋の九州大会の覇者で優勝候補の一角に数えられる強豪だ。果たして創志学園は、今回こそ好成績を収められるのか。過去3回と違って、今回はそれほど注目度が高くないのが救いではあるが‥‥。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
2
吉岡里帆が銀魂2に出演か?演じるのは「豊かな胸のドMメガネっ娘」!
3
高木美保がハラスメント被害を告白!名前が浮上した大物タレントとは
4
「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?
5
サラダやスープで…ナイナイ岡村の「胃袋をつかんだ」意外な相手とは?