芸能

まっぱ芸のアキラ100%より藤田ニコルの下半身のほうが目立っていたワケ

 世間の目はお盆の裏側よりも、意外なシェイプの下半身に向けられていた? R-1ぐらんぷり2017で優勝したピン芸人のアキラ100%が3月22日、映画「バイオハザード ザ・ファイナル」のDVD発売イベントに藤田ニコルとともに出席。作中のゾンビに扮した全身メイクを披露した。

 大事なところだけをお盆で隠すというまっぱ芸が持ち味のアキラは、ヒップを含めた全身にメイクを施すという荒業に挑戦。だが一部のファンはむしろ、藤田の下半身に目を奪われていたという。その藤田はアーミールック調のボトムスに身を包み、肌見せはゼロだったのだが、女性誌のライターが耳打ちする。

「藤田が人前でズボンを履くことは珍しく、それもスキニーなシェイプだったため下半身のフォルムが丸わかり。そこで目立っていたのが、細身の体型とは裏腹のどっしりした腰つきだったのです。その欧米風のボディラインには『やっぱりハーフだったんだな』という驚きの声があがっていますね」

 その藤田は母親が日本人で、父親はロシアとポーランドのハーフという血筋だ。ただ彼女自身はおバカタレントやカリスマモデルといった文脈で捉えられることが多く、ハーフタレントとして扱われることは少ないはず。それゆえ今回、ハーフらしさが表れた腰つきに目を奪われる人が多かったのかもしれない。

 しかもこの日は「バイオハザード」を意識した黒のタンクトップを着用し、髪型も映画に合わせて無造作な巻き髪風にしたことで、さらにハーフっぽさが強調されていたようだ。バイクにまたがっての記念撮影もバッチリと決まっており、おバカだけではない魅力をしっかりとアピールできていたのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”