芸能

フット後藤輝基、「今夜くらべてみました」後番組残留はゴールデン失敗時の保険?

 バラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)が4月からゴールデンタイムに進出するにあたり、これまでの歴史を振り返る「深夜最終回!!5年間の歴史を一気見SP」が3月28日に放送された。ここでは過去215回の放送から名シーンが掘り起こされたが、テレビ誌のライターはゴールデン進出が失敗することを確信したと語る。

「深夜番組のゴールデン進出では、深夜ゆえの過激な演出が抑えられた例は珍しくありません。この『今夜くらべてみました』でも、過去には相当トガった演出に挑戦していたことが浮き彫りになった形です。たとえばMCの徳井義実らが水着グラドルを間近でなめるように観察したり、無名のタレントを大きく取り上げる演出はゴールデンタイムでは無理があるでしょう」

 特に注目したいのは、「今夜くらべてみました」が果敢に無名タレントを起用していた点だ。今回のスペシャルでも水沢アリーが同番組でテレビ初出演したと語っていたほか、お笑い芸人の平野ノラも無名時代から出演。また“ぺえ”や“ゆうたろう”といった原宿系のカリスマ店員や、超セレブ大学生のSHOUTAなど、世間的には無名の一般人も積極的に取り上げていた。

「日本テレビでは番組の企画書を作るとき、タレント名を書かずに企画内容で勝負するとか。だからこそ無名かつトガった人材を起用できたのかもしれません。しかしゴールデンに進出しても同じ体制を続けられるのかは疑問。番組ファンとしてはその姿勢を貫いてもらいたいですが、そこに視聴率がついてくる保証がないのもまた現実です」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみにMCの後藤輝基は「今夜~」の火曜深夜枠で後釜番組となる「ウチのガヤがすみません!」でもMCを務める。同番組に多数のガヤ芸人(無名芸人)が登場することから「今夜~」の特色を引き継ぐ形になるのか。もしかしたらゴールデン進出に失敗した「今夜~」が同枠に戻ってくることを見越した代打的な番組になるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?