女子アナ

同じ涙でもこんなに違う!高見侑里の“卒業”が岡副麻希と雲泥の差

「めざましアクア」(フジテレビ系)のメインキャスターを務めてきたフリーアナウンサーの高見侑里が、3月29日の放送をもって同番組を卒業した。

高見は前身番組「めざにゅ~」に、11年からお天気キャスターや情報キャスターとして出演。そして、昨年4月からは「めざましアクア」のメインキャスターに抜擢され、1年間中心となって番組を盛り上げてきた。

順調に出世していた高見だが、そこには画面からはわからない苦労があったはず。高見はこの日の放送のラストで「お天気から情報キャスター、そしてメインキャスターと、たくさんの経験をさせていただいて、至らない点も多かったんですけど‥‥すごく成長させてもらいました」と涙ながらに挨拶。

番組のラストには、高見の6年間の活躍をまとめたVTRも放送された。スタッフからいかに愛されていたかがわかるエンディングだったが、当然、視聴者からも感謝のコメントが集まった。そのムードたるや、先日関連番組を卒業したあるフリーアナとはまさに正反対。

「3月25日の放送で『めざましどようび』のお天気キャスターを卒業した岡副麻希のことですね。岡副も高見以上に豪快な泣き姿を見せましたが、今後も平日放送の『めざましテレビ』に出演し続けるため、週6が週5に1つ減るだけ。それだけに、視聴者からは冷めた反応しかなかった。高見も『めざましどようび』は今後も出演予定でめざましファミリーを完全に卒業するわけではありませんから、多少のツッコミがあっても不思議ではありませんでしたが、ほぼ皆無。いわば、高見の成長はまぎれもなくこの『めざましアクア』でしたからね。女子アナらしからぬミスを何かと天然キャラでごまかしてきた岡副とは違い、ひたむきにアナウンサーとして頑張ってきた高見、その涙の違いは番組ファンにもわかったようです」(エンタメ誌ライター)

ネット上でも「高見さんの涙は感動したけど、岡副の涙にはイラッとした」「週6から週1ならそりゃ泣くわな」「岡副はきちんとニュースを読めるようになるくらい努力してから泣け」など、やはり2人の評価は雲泥の差だ。

確かに高見に会えるのが週1に減るのは、ファンも寂しいかぎりだろう。

(田中康)

関連記事:週6出演が週5になっただけで!?岡副麻希の「番組卒業で号泣」に視聴者があ然 http://www.asagei.com/excerpt/78046

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった