芸能

キスマイ横尾渉はNGにしろ!卒業特番のウルトラ音痴に「電波妨害レベル」と怒号

 さすがにこれは見ていて、イラッとする!?

 3月30日放送の音楽特番「CDTV春スペシャル 卒業ソング音楽祭2017」(TBS系)で、とんでもない放送事故が起きたとネット上がザワついている。

 この日は卒業ソング特集。涙を誘う実話を元にした再現ドラマや、一般の体験談とともに多くの卒業ソングを紹介。ワイワイ盛り上がるというよりは、しっとりと耳に響く名曲の数々に思わず涙腺が崩壊してしまったという視聴者も多かった。

 しかしそんななか、Kis-My-Ft2の派生グループである「舞祭組」のパフォーマンスが番組の空気をぶち壊したと大ブーイングだ。というのも、舞祭組は自身初のバラード楽曲「道しるべ」を歌ったものの、そのメンバーである横尾渉の歌唱力が壊滅的だったからだ。

「ひと言で片付けるならクソ音痴でした。同曲のラストサビ前には横尾のソロパートがあったのですが、横尾は尋常じゃないレベルで音を外していましたね。横尾が音痴なことはファンやネット民の間では以前から知られていることで、今に始まったことではありません。それさえ知っていれば、横尾に見せ場のある同曲を生放送で歌わせること=放送事故を楽しむという見方もできます。しかし、さすがに今回は場違い。もっとバラエティ色が強い歌番組であればよかったのですが、全くおふざけが通用するような流れではなかっただけに、横尾の歌で番組の質が恐ろしいほどに低下したのは間違いなし。満足しているのは、彼らを見たいだけの舞祭組のファンのみでしょう」(女性誌ライター)

 当然、視聴者もあきれ果てた。「音痴に腹立つことってなかなかない」「のど自慢の笑わせ出演者じゃないだろ!」「この企画で横尾を歌わせるのはNGでしょ」「もはや放送事故じゃなくて電波妨害」と、横尾の下手すぎる熱唱で一気に冷めてしまったという声でネット上は大渋滞だ。

 番組側もこの展開を予期していたのか、舞祭組のパフォーマンス後、一度ニュースを挟んだことだけは地獄に仏、ファインプレーといえなくもない?

(田中康)

関連記事:嵐に次ぐ次世代看板グループ争いはHey!Say!JUMPをキスマイが大逆転!? http://www.asagei.com/excerpt/71868

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
3
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
4
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)