芸能

キスマイ横尾渉はNGにしろ!卒業特番のウルトラ音痴に「電波妨害レベル」と怒号

 さすがにこれは見ていて、イラッとする!?

 3月30日放送の音楽特番「CDTV春スペシャル 卒業ソング音楽祭2017」(TBS系)で、とんでもない放送事故が起きたとネット上がザワついている。

 この日は卒業ソング特集。涙を誘う実話を元にした再現ドラマや、一般の体験談とともに多くの卒業ソングを紹介。ワイワイ盛り上がるというよりは、しっとりと耳に響く名曲の数々に思わず涙腺が崩壊してしまったという視聴者も多かった。

 しかしそんななか、Kis-My-Ft2の派生グループである「舞祭組」のパフォーマンスが番組の空気をぶち壊したと大ブーイングだ。というのも、舞祭組は自身初のバラード楽曲「道しるべ」を歌ったものの、そのメンバーである横尾渉の歌唱力が壊滅的だったからだ。

「ひと言で片付けるならクソ音痴でした。同曲のラストサビ前には横尾のソロパートがあったのですが、横尾は尋常じゃないレベルで音を外していましたね。横尾が音痴なことはファンやネット民の間では以前から知られていることで、今に始まったことではありません。それさえ知っていれば、横尾に見せ場のある同曲を生放送で歌わせること=放送事故を楽しむという見方もできます。しかし、さすがに今回は場違い。もっとバラエティ色が強い歌番組であればよかったのですが、全くおふざけが通用するような流れではなかっただけに、横尾の歌で番組の質が恐ろしいほどに低下したのは間違いなし。満足しているのは、彼らを見たいだけの舞祭組のファンのみでしょう」(女性誌ライター)

 当然、視聴者もあきれ果てた。「音痴に腹立つことってなかなかない」「のど自慢の笑わせ出演者じゃないだろ!」「この企画で横尾を歌わせるのはNGでしょ」「もはや放送事故じゃなくて電波妨害」と、横尾の下手すぎる熱唱で一気に冷めてしまったという声でネット上は大渋滞だ。

 番組側もこの展開を予期していたのか、舞祭組のパフォーマンス後、一度ニュースを挟んだことだけは地獄に仏、ファインプレーといえなくもない?

(田中康)

関連記事:嵐に次ぐ次世代看板グループ争いはHey!Say!JUMPをキスマイが大逆転!? http://www.asagei.com/excerpt/71868

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!