芸能

キスマイ横尾渉はNGにしろ!卒業特番のウルトラ音痴に「電波妨害レベル」と怒号

 さすがにこれは見ていて、イラッとする!?

 3月30日放送の音楽特番「CDTV春スペシャル 卒業ソング音楽祭2017」(TBS系)で、とんでもない放送事故が起きたとネット上がザワついている。

 この日は卒業ソング特集。涙を誘う実話を元にした再現ドラマや、一般の体験談とともに多くの卒業ソングを紹介。ワイワイ盛り上がるというよりは、しっとりと耳に響く名曲の数々に思わず涙腺が崩壊してしまったという視聴者も多かった。

 しかしそんななか、Kis-My-Ft2の派生グループである「舞祭組」のパフォーマンスが番組の空気をぶち壊したと大ブーイングだ。というのも、舞祭組は自身初のバラード楽曲「道しるべ」を歌ったものの、そのメンバーである横尾渉の歌唱力が壊滅的だったからだ。

「ひと言で片付けるならクソ音痴でした。同曲のラストサビ前には横尾のソロパートがあったのですが、横尾は尋常じゃないレベルで音を外していましたね。横尾が音痴なことはファンやネット民の間では以前から知られていることで、今に始まったことではありません。それさえ知っていれば、横尾に見せ場のある同曲を生放送で歌わせること=放送事故を楽しむという見方もできます。しかし、さすがに今回は場違い。もっとバラエティ色が強い歌番組であればよかったのですが、全くおふざけが通用するような流れではなかっただけに、横尾の歌で番組の質が恐ろしいほどに低下したのは間違いなし。満足しているのは、彼らを見たいだけの舞祭組のファンのみでしょう」(女性誌ライター)

 当然、視聴者もあきれ果てた。「音痴に腹立つことってなかなかない」「のど自慢の笑わせ出演者じゃないだろ!」「この企画で横尾を歌わせるのはNGでしょ」「もはや放送事故じゃなくて電波妨害」と、横尾の下手すぎる熱唱で一気に冷めてしまったという声でネット上は大渋滞だ。

 番組側もこの展開を予期していたのか、舞祭組のパフォーマンス後、一度ニュースを挟んだことだけは地獄に仏、ファインプレーといえなくもない?

(田中康)

関連記事:嵐に次ぐ次世代看板グループ争いはHey!Say!JUMPをキスマイが大逆転!? http://www.asagei.com/excerpt/71868

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ