女子アナ

小林麻耶に謙譲語を使い涙を浮かべた坂上忍に視聴者がまさかの嫌悪感!?

 鬼の目にも涙という言葉がピッタリかもしれないが、それを世間はすんなりと受け入れるつもりはないようだ。

 4月3日放送の情報バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が小林麻耶を気遣い、涙を見せる一幕があった。

 番組では体調不良により休養していた小林にとって、約11カ月ぶりのテレビ復帰となる坂上との対談VTRを放送。そのVTRの中で小林は妹の麻央が通う病院にマスコミが張り込んでいたり、自宅に押し掛けられたりと、いまだに度を超えた取材が続き頭を抱えていることを明かした。

 また、そのVTR明けに坂上は「この仕事をやってるから、一部のマスコミの方たちが、今でも(インターホンを)ピンポンしちゃうとか。あとはネット上でもこの状況にもかかわらず、心ないことを書く人がいらっしゃるみたいで‥‥」と、小林の現状を説明。

 それに続けて「病を抱えている人はどなたでも大変なんですよ。大変なんですけど、彼女は仕事柄なのか、ヘタしたら2倍3倍の苦悩、苦労の中で闘ってらっしゃる。どうかひとつ、もうちょっとよい環境になってくれたらなと、僕は思うんですけど」と、謙譲語まで使って小林を思いやった。そして、最後には声を震わせながらも「まあ、だからこう、安易に『待ってるよ』とか言えないんですけどね」と、涙ながらに語っていた。

 あまり拝むことができない坂上の姿は大きな反響を呼び、小林も坂上の気遣いには大いに感謝していたようだ。しかし、反響=絶賛というわけではない。視聴者の中には坂上の今回の言葉におおいに首を傾げる人も多かった。

「坂上が言っていることは紛れもなく正論であり、そこは世間の人々も認めています。ただし、それを坂上が言うのはどうか、といったようなツッコミがとても多いですね。以前、バラエティ番組で怒っているのは演技とも話していましたが、その理不尽な毒舌に本気で傷ついた“格下”のタレントたちは数え切れないほどいるわけですからね」(エンタメ誌ライター)

 そのとおりで、ネット上は賛否両論。坂上の普段とのギャップに感動したという声もチラホラ見られたものの、「言ってることはわかるが、本当に都合いいヤツに見えてしまう」「こういう時だけ正義面するのはムカつく」「知り合いや格上タレントにはうなずく坂上」と、皮肉った書き込みがそれ以上に多く見られた。

 対談相手が坂上でなければ、視聴者は小林の話にもっと耳を傾けたかもしれない。

(佐伯シンジ)

関連記事:よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由 http://www.asagei.com/excerpt/77938

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”