芸能

有村架純「NHK朝ドラ・ひよっこ」役作りは「5キロ増のムチムチボディ」

 朝ドラで主演を務める有村架純(24)が、役作りのためにムチムチボディに大変身。撮影現場では「昭和の色香」衣装で、共演者を魅了していた!

 4月3日からNHK朝ドラ「ひよっこ」がスタートした。13年に放送された「あまちゃん」(NHK)で小泉今日子(51)が扮する天野春子の若い頃を演じてブレイクして以来、ヒロインに“出世”して朝ドラの舞台に戻ってきたのだ。

「本来、オーディションで選ばれることが多いのですが、脚本を手がける岡田惠和さんの指名でヒロインに抜擢されました。朝ドラは『あさが来た』(15年)以降、視聴率は緩やかに下降しています。昨年末の紅白歌合戦の紅組司会を有村さんに任せたのは、ドラマの宣伝効果を狙ったものでした」(NHK関係者)

 特に実在した人物がいない、オリジナル作品となる本作は、東京五輪が開催された1964年から始まる。高校卒業後は実家の農業を手伝う予定だったが、出稼ぎに行った父が行方不明に。茨城県から「集団就職」で上京し、父を探すことになった主人公・谷田部みね子(有村)の成長を描いていく。

「有村さんは農家の娘を演じるので、健康的に見せるため、撮影の2カ月くらい前から3食お米を食べて5キロ増量したそうです」(前出・NHK関係者)

 現在、公開中の映画「3月のライオン」(東宝)では、モチモチ白肌の胸の谷間を強調したキャミソール姿を披露している有村。さすがに朝ドラで“お色気”を期待するのは難しいと思いきや、視点を変えれば「お宝」垂涎シーンはあるようだ。

「ひよっこ」の最初の舞台となる茨城編では、日焼けメイクに「もんぺ」の衣装を着用。その“コスプレ”姿がソソり、撮影現場で大コーフンしたのが、みね子の父親役の沢村一樹(49)だった。ドラマスタッフが話す。

「役作りでムッチリした有村さんを見ながら、『もんぺ姿が昭和をにおわせて、いいね~』と言ってニヤニヤしていたんです。その様子に母親役の木村佳乃さん(40)が、『目がいやらしい!』とツッコミを入れていました」

 集団就職で上京する「東京編」での撮影に移ると、役に変化をつけるために減量を始めたという。

「お米を食べるのを控えて、たんぱく質やビタミンが取れる食事メニューに切り替えているそうです」(前出・ドラマスタッフ)

 時間があればスーパーに寄って、自炊をしているという。朝ドラの「座長」としての自覚も芽生えてきているようだ。

「東京編には同じ事務所の後輩も出演していて、『うちの後輩をよろしくお願いします!』と言いながら、一緒に共演者の挨拶回りをしていました」(前出・NHK関係者)

 一方、朝ドラ以外の仕事現場で「大物女優」を困惑させる場面もあったようだ。

「桃井かおりさん(65)と仕事をした時、桃井さんは事前にこれまで有村さんが出演した作品を調べて“勉強”してから来ていたんです。桃井さんに質問攻めされても恐縮してうなずくばかり。あまり会話がかみ合っているようには見えませんでした」(現場スタッフ)

 また、「新井ゆうこ」名義で芸能活動をしていた有村の姉が、突如、実名の「有村藍里」に改名して5月にヌード写真集を発売することも報じられた。大事な時期に周囲がザワつく中、高視聴率で黙らせることができるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」