スポーツ

古閑美保「将来のプロ野球選手」出産へ新婚早々猛チャージ

 3月13日に入籍発表したばかりのプロゴルファーの古閑美保(34)。トークショーでもおのろけトーク全開で、親しい知人らにはすでに「子作り宣言」済み。希望の「男の子」を授かろうと発奮、“猛チャージ”をかけているが‥‥。

 08年の女子プロゴルフツアー賞金女王の古閑は、男子プロゴルフツアー通算4勝でイケメンの小平智(27)と、「3.4」“ミホの日”に入籍した。スポーツ紙デスクが話す。

「2人は共通の知人の紹介で、15年4月頃から交際をスタート。細マッチョが大好きな古閑が積極的で、ツアーにまで追いかけるものだから2カ月後に発覚しちゃった(笑)。ただ当時の小平は実績不足で、年の差もあり、古閑が結婚へのイケイケ願望を封印。じっくりとタイミングを計っていた。今の小平は賞金王を狙え、米ツアー参戦も見据えるほどで、年収も1億円近い。それで古閑がサインなどにも使用している『3.4』の入籍となった」

 7歳下の美丈夫との結婚がよほどうれしかったのか、25日に横浜市内で開かれたトークショーでは、左手薬指の結婚指輪を輝かせながら、得意の軽妙なトークで会場を沸かせた。スポーツ紙記者が話す。

「ミセスとして初の公の舞台だけにファンから祝福の嵐。小平が合宿中のため、『毎日、テレビ電話』とノロケたり、『子供は欲しいね』なんて会話をしていることも明かすなど、終始ご機嫌でした」

 親しい知人への報告会でも、話題は子作りだ。民放記者が明かす。

「てっきり『今日は飲むよ~』かと思いきや、いきなり『酒控えて子供作るわ』でした。昔から『人生最大の目標は主婦!』と公言し、『男の子が欲しいの!』と話していた。彼女、子供がプロ野球選手になることを真剣に夢みて、良血のアスリートのDNAを求めていた」

 古閑をトリコにした男といえば、08年発覚の当時ロッテに所属していた阪神の西岡剛(32)と、11年に発覚したレンジャーズのダルビッシュ有(30)。ともに有数のアスリートだ。小平にしても、常に専属トレーナーを帯同させるほど体へのケアを怠らず、運動能力は傑出しているという。前出・スポーツ紙記者が続ける。

「古閑の父は大の野球ファンで、3歳の頃から古閑に野球を教え込んだ。まさにリアル巨人の星で、水流のきつい川に立たせて下半身を鍛えたり、どんぐりでトスバッティング。本人も大自然の中での練習が楽しくて、プロ野球選手になるつもりでいた。小4でチームに入り、すぐにエースで4番を任され、5年生の時には1学年上の馬原孝浩(元オリックス=35=)からホームランを打つほどだった」

 知人から小平のことをどう呼ぶのか尋ねられると、

「いつもはさっちゃん、夜はさとし~かな」

 と、声色を変えて答えた古閑。ある女子会で夜の実践を明かす一幕があった。

「美保さんは男前で、いつも本音トークです。産み分けが話題になった時もすごく詳しくて、体位の話で『それって俗説?』なんて突っ込みが入ると、『男の子(が欲しい)なら気持ちのいいエッチよ!』と笑ってた。スマホで検索すると、産婦人科の医師が男の子希望なら『深く挿入できる体位で、濃厚なセックス』と解説していて、よく調べてるなぁって思いました。お父さんの夢をかなえてあげたいみたいですね」(知人)

 ホールインワンとなるか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!