芸能

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(2)90年代1位~10位 藤原紀香のバストは位置と大きさが黄金比率

 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 空前のグラビアブームが吹き荒れた90年代。王国・イエローキャブが「爆裂バスト軍団」を完成させ、大手芸能プロも続々と参入。テレビの視聴率や雑誌の売り上げを左右した。

1位・小池栄子

 イヤでも目に飛び込んでくるFカップは「メロン乳」とも「鬼胸」とも呼ばれた。エキゾチックな顔立ちも、そのボディを引き立てた。

2位・佐藤江梨子

 バレリーナのように長い手足でFカップという異次元バランスは、グラビア界の常識をくつがえし、後輩グラドルの憧れの対象に。

3位・吉田里深

 三田佳子次男の地下室事件に連座したことでイメージダウンとなったが、ぷにぷにボディと親しみやすいルックスは高い人気を誇った。

4位・中條かな子

 昨年、25年ぶりにセ・リーグを制覇した広島カープ・緒方孝市監督夫人である。ついでに、この豊満ボディも四半世紀ぶりに復活を!

5位・水谷ケイ

 90年代に隆盛を誇った深夜のお色気番組には、稀代の艶系シンボル・水谷ケイの名が必須。顔もカラダもすべてが香しかった。

6位・桜庭あつこ

 羽賀研二と梅宮アンナの関係に割って入り、ワイドショーを連日のようににぎわせた。その後は完脱ぎで爆裂ボディをアピール。

7位・さとう珠緒

 バラエティ番組でブレイクした後、無名時代のお宝ショットが発覚。小柄なボディだが、たわわな「桃のような胸」を誇っており、さらに人気が上昇。

8位・黒田美礼

 90年代のグラビア界をフォワードの位置で牽引し、切れ込みの深い谷間をアピール。引退後の消息が聞こえてこないのも彼女らしい。

9位・藤原紀香

 歴代のミス日本受賞者の中でも、バストの位置や大きさのバランスは最高値の黄金比ボディ。その後も「紀香バディ」は冴えわたった。

10位・井上晴美

 スイマーとして国体に出場した均整の取れたボディは、芸能界屈指と呼ばれたこともあった。坊主頭の完脱ぎショットも大きな衝撃だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…