芸能

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(3)90年代11位~20位「雛ポーズ」はグラビア撮影の定番に!

 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 空前のグラビアブームが吹き荒れた90年代。王国・イエローキャブが「爆裂バスト軍団」を完成させ、大手芸能プロも続々と参入。テレビの視聴率や雑誌の売り上げを左右した。

11位・斎藤陽子

 地方局アナからフリーとして中央に進出し、司会に抜擢された「トゥナイト2」では胸元全開のサービス精神でオヤジたちの女神に。

12位・酒井若菜

 どちらかといえばファニーフェイスの部類だが、ボディの破壊力はひれ伏すばかり。早い段階での女優転向は少しもったいなかった。

13位・松田千奈

 水着で映画を紹介するコーナーを持っていたり、早朝から水着で体操をする番組に出ていたり、豊かな胸の女子高生として話題となった。

14位・MEGUMI

 自身もたびたび「スタッフに間違えられた」とネタにするほど素朴な印象だったが、イエローキャブ随一のボディで頭角を現した。

15位・綾瀬はるか

 今ではすっかり国民的な人気女優だが、出発点は水着グラビア。この当時はアバンギャルドな撮影にもノリノリで参加していた。

16位・安西ひろこ

 実はさほど胸が豊かだったわけではないが、ガムテープでグルグルに巻いて大きく見せるという手法を編み出し、グラビア界に大きく貢献。

17位・乙葉

 自身はアーティスト志向であったが、抜群のボディと、愛らしさの中にも艶っぽさを秘めた表情は、グラビア界が放っておかなかった。

18位・雛形あきこ

 中腰になり、谷間を寄せて上目使いに見上げる「雛ポーズ」は、グラビア撮影のロングセラー。豊かなバストブームの“中興の祖”に君臨した。

19位・仲根かすみ

 小学生だけの軍団「ねずみっ娘クラブ」が出発点で、その後は順当に人気グラドルに。現在はソフトバンク・和田毅夫人。

20位・C.C.ガールズ

 全員が爆裂バストという触れ込みの4人組が大当たりし、後発の艶系グループが次々と誕生。芸能界におけるバブルを象徴していた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」