芸能

小島瑠璃子と高橋真麻が人気芸人から「共演したい女性NO1」と言われるワケ

 ベテラン芸人が彼女たちのスゴさを褒めたたえた! 4月13日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にて、タレントの小島瑠璃子とフリーアナウンサーの高橋真麻に賞賛の声が集まったのである。

 この日は「芸人ドラフト会議」と題して、人気芸人たちが自分の冠番組に欲しい人材を指名。ここでヒロミは女性アシスタントに小島を選び、「天才ですよ」とベタ褒めだ。テレビ誌のライターが振り返る。

「高1でデビューした小島は芸歴9年目にしてまだ23歳。その若さゆえに今どきの感覚も持ち合わせているのは大きな魅力です。ヒロミが14年に芸能界復帰した当時には20歳でしたが、『すげえキレイにできてた。戻ってきて一番驚いたかもしれない』と語ったのも納得。その後も15年にはテレビ出演回数ランキングで女性陣のトップに輝くなど活躍を続けています」

 その一方で、優秀なバランス感覚とおおらかさを評価された高橋は、オードリー若林正恭から女性アシスタント役に指名された。テレビ誌のライターが続ける。

「若林はまず『(トークの)ピントが外れたら戻るようにパス出してくれたり』と回しの上手さを指摘。ただ芸人一同で一致した意見は、そんなに美人ではないので気を遣わなくて済むという、なんとも失礼な話でした。高橋といえば突出したGカップバストでも知られますが、そこをいくらイジられても笑顔で流す余裕を備えており、決して怒った顔を見せないところもアシスタントとして信頼される理由でしょう」

 その高橋と「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)で共演中の有吉は、父親で俳優の高橋英樹から「どんどん揉んでください!」と言われたエピソードを披露。「おおらかな一家ですよねえ」と感心した表情を見せていた。このように芸人たちから愛されている小島と高橋は、今後もますますの活躍を見せてくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃