芸能

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

 テレビ界は4月の番組改編直後、スタートダッシュに燃えている。女子アナたちも短いスカート、ワンピ、ぴったりボトム姿でいつにも増してサービス。春の夜泣きネコのごとく、濃厚ポーズで男を惑わすそのプリヒップに最接近。一度は敷かれてみたい美女アナグランプリ開幕!

 4月から人事を大異動、粒ぞろいの美女アナでニュース番組を一新させたのがNHKだ。

 女子アナに造詣の深いアイドル評論家の小谷哲氏が推すのは、夜ニュース「ニュースウオッチ9」の新キャスターに抜擢された桑子真帆アナ(29)だ。

「かつて『ブラタモリ』では、小股の切れ上がったフットワークの軽いお尻をたびたび画面に見せていたのが印象的。あの小尻はタモリだけでなく、オジサン世代を縦横無尽に転がせる潜在能力を秘めています」

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も、これに同意する。

「報道番組は基本座っているため、女子アナのお尻を拝めることはめったにありません。それでも桑子アナは前任の『ニュースチェック11』で、椅子から立ち上がり、お尻をこんもり突き出すポーズを見せてくれました。今度の番組でも大モニターを使うコーナーがあり、ハプニングがあるのは必至です」

 しばらくは「尻ウオッチ」も必要なようだ。

 NHK週末夜の胸、もとい顔といえば「サタデースポーツ」の杉浦友紀アナ(33)を忘れてはならない。

「もとより推定Gカップ爆乳アナとして知られる杉浦アナは、番組では時折、ドキッとするほどの凹凸をブラウス越しに浮き立たせています。ただ、一昨年に結婚してからは、以前よりもフワッとしたブラウスを着ることが増えました。巨乳化が進みすぎてしまった“爆乳”を隠すためでしょう。それでも、ミニスカは健在。肉感的な腰まわりに人妻エロスを感じさせてくれます」(前出・丸山氏)

 三十路人妻アナの武器が胸から腰つきに変化していくのは必然かも。

 美人すぎる東大卒アナとして人気上昇中なのが「おはよう日本」の和久田麻由子アナ(28)だ。

「ムダなぜい肉でダブついてはいないが、ややムッチリとした曲線を描いた和尻がみごと。この“わくまゆ”ヒップを見るために、早起きしてしまうほど。番組は立ちポーズで進行するため、和久田アナの膝上丈のタイトスカート姿が常に見られます」(前出・小谷氏)

 ここで、ぜひとも注目したいのが和久田アナの下半身だ。

「ズバリ女子アナの実力を見抜くポイントは“お尻でしゃべれるかどうか”だと見ている。和久田アナは男性アナの言葉に、必ず下半身をビクンと反応して相槌を打つのです。まるで腰で雄弁に語ってるかのようで、敏感に反応するのは、相手の話をキチンと聞いている証拠。つまり、台本どおりではない返しのコメントができる、アナウンス能力の高さを表しているのです」(前出・小谷氏)

 過去に、アヤパン、カトパンなどもこのお尻でしゃべる技で、人気NO1アナの殿堂入りを果たした。同じ系譜に位置する和久田アナも今後、シリ上がりで活躍することは間違いないところだ。

 ニュースを離れて、バラエティへ目を移せば、「ブラタモリ」で近江友里恵アナ(28)が活躍中だ。芸能評論家の織田祐二氏が指摘する。

「この番組は、階段や坂を登る外ロケが多いが、女子アナの並び位置は最後方になる。そのため女子アナの尻見せ“ブラオシリ”ショットが多発するのです。別府温泉での足湯につかるシーンでは、ふっくらしたふくらはぎを見せていましたが、下半身は典型的な安産尻なので、後ろからしゃがんでいるところを撮るのが正解です」

「タモリ倶楽部」のオープニングのような、お尻バックショットを実現していただきたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声