芸能

「あざとい女子アナ」がテレビ界をジャック(3)NHK・桑子真帆がイメチェン中

 今やNHKの朝の顔に定着した桑子真帆アナ(33)も捲土重来を期して「あざとい女子アナ」にイメチェン中だ。NHKの関係者がそっと耳元でささやく。

「桑子アナが熱望しているのが、紅白歌合戦司会への返り咲き。17年、18年と連続で総合司会を担当したものの、昨年は和久田麻由子アナ(31)にその座を奪われてしまった。局内では『今年も和久田が有力』との見方が強いのですが、桑子アナは『今年こそは私がやりたい』と親しいスタッフに漏らしているんです。雑談でも『紅白のプロデューサーに私を推薦してくれませんか』と冗談めかしながら懇願するほど。彼女のヤル気は紅白担当の局員にも伝わっていると思いますよ」

 ライバルの和久田アナが一歩リードと言われる中、逆転の一撃を放てるか。

 局内でのポジション獲得で奔走する女子アナを尻目に、早くも「女子アナ以降」を模索中なのが、フジテレビ・久代萌美アナ(31)だ。なにしろ、局内では「コンパ女王」と揶揄され、ユーチューバーとの交際に周囲もドン引きで、社内の居場所はもはやないともっぱら。フジ関係者が明かす。

「10月上旬、写真週刊誌で外資系企業会長との『お忍びディナー』が報じられた久代アナですが、彼女はコンパ好きの多いフジ女子アナの中でもダントツのコンパ女王。知り合いもコンパ経由がほとんどです。婚約が報じられた人気ユーチューバーの男性とも、ベンチャー企業社長が主催するコンパで出会ったそうです」

 もっとも、男探しのためだけにコンパに参加しているわけではないようで、

「上昇志向の強い久代アナにとって、コンパは人脈構築の場所。コンパを繰り返したことで膨大な人脈が出来上がった。将来、みずから起業し、『女子アナ社長』としてビジネスの展開をもくろんでいるようです」(フジ関係者)

 あざとい女子アナの快進撃はまだまだ続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ