芸能

「あざとい女子アナ」がテレビ界をジャック(3)NHK・桑子真帆がイメチェン中

 今やNHKの朝の顔に定着した桑子真帆アナ(33)も捲土重来を期して「あざとい女子アナ」にイメチェン中だ。NHKの関係者がそっと耳元でささやく。

「桑子アナが熱望しているのが、紅白歌合戦司会への返り咲き。17年、18年と連続で総合司会を担当したものの、昨年は和久田麻由子アナ(31)にその座を奪われてしまった。局内では『今年も和久田が有力』との見方が強いのですが、桑子アナは『今年こそは私がやりたい』と親しいスタッフに漏らしているんです。雑談でも『紅白のプロデューサーに私を推薦してくれませんか』と冗談めかしながら懇願するほど。彼女のヤル気は紅白担当の局員にも伝わっていると思いますよ」

 ライバルの和久田アナが一歩リードと言われる中、逆転の一撃を放てるか。

 局内でのポジション獲得で奔走する女子アナを尻目に、早くも「女子アナ以降」を模索中なのが、フジテレビ・久代萌美アナ(31)だ。なにしろ、局内では「コンパ女王」と揶揄され、ユーチューバーとの交際に周囲もドン引きで、社内の居場所はもはやないともっぱら。フジ関係者が明かす。

「10月上旬、写真週刊誌で外資系企業会長との『お忍びディナー』が報じられた久代アナですが、彼女はコンパ好きの多いフジ女子アナの中でもダントツのコンパ女王。知り合いもコンパ経由がほとんどです。婚約が報じられた人気ユーチューバーの男性とも、ベンチャー企業社長が主催するコンパで出会ったそうです」

 もっとも、男探しのためだけにコンパに参加しているわけではないようで、

「上昇志向の強い久代アナにとって、コンパは人脈構築の場所。コンパを繰り返したことで膨大な人脈が出来上がった。将来、みずから起業し、『女子アナ社長』としてビジネスの展開をもくろんでいるようです」(フジ関係者)

 あざとい女子アナの快進撃はまだまだ続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像