芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(3)爆裂バスト編16位~25位…カープ女子のメジャー級Hカップ

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 何はなくとも、Gカップ以上のとんでもない膨らみがあれば、ゴハンの3杯は軽くいけます。そんな爆裂バスト好きのための一大博覧会!

16位・橘花凜(160センチ B92・W58・H90)

 みごとすぎるほどにみごとなボディとはこのことだ。Hカップの熟れたチチ房に、本人もアピールポイントというデカHIPとの豪華な合体。

17位・篠崎愛(160センチ B87・W60・H88)

 グラビア界における10年選手は、めっきり美しく成長した。本来は歌手志望だが、誰よりもグラビアンの誇りを持つ魅惑のGカップ。

18位・菜乃花(160センチ B90・W58・H86)

 広島県福山市出身で筋金入りのカープ女子。ごひいきチームの好調に合わせ、世界レベルのHカップボディも一段と冴えを見せる。

19位・塩地美澄(165センチ B89・W64・H88)

 女子アナ出身者で、豊満なバストに愛称「しおちち」がつけられたのは「スイカップ」の古瀬絵理以来。最新写真集も大胆カット満載。

20位・渡辺さとみ(152センチ B100・W63・H92)

 その素朴な雰囲気‥‥嫌いじゃないぜ。爆裂バストの中でも、さらに「ド爆」のトップ集団を形成する「顔よりデカいIカップ」は衝撃的。

21位・西田麻衣(158センチ B95・W58・H81)

 もはやグラビアが「ひとときの職業」でないことは、キャリア10年を超えた西田が証明。ただ、ここ最近のスローペースは気がかり。

22位・日比谷亜美(158センチ B95・W65・H82)クローズアップインタビュー

──その名も「下チチ大明神」とは、びっくりなキャッチフレーズ。

日比谷 はい、DVDの撮影ではポロンしまくりで、ヘアメイクさんがヒーヒー言いながら直してます。ファンの方との撮影会でも「二プレス見えてるよ」と言われることはしょっちゅうです(笑)。

──もともとは営業のOLから転身したという珍しいケースだね。

日比谷 会社の飲み会で「こんな大きいの見たことない、ありがとう。そういう仕事したら?」と言われ続けて、やってみようかなと。

──いい判断だね(笑)。

日比谷 思い出作りのつもりだったんですが、ファンの人たちって「育ててる」って感覚なんですよ。だから下チチ大明神の名に恥じないよう、真剣に取り組みます!

23位・清水みさと(160センチ B88・W58・H86)

 ここ最近はメインの活動を「舞台女優」に移してはいるものの、いざとなったら大胆ショットをいとわない清水のグラビア度胸。

24位・吉沢さりぃ(154センチ B107・W60・H87)

 全100人中、最大の「107センチ」にして「Kカップ」である。このところライター稼業も忙しいが、やはり、したたる肉体こそ生命線。

25位・三浦はづき(165センチ B98・W59・H86)

 人呼んで「謎のグラドル」である。某誌の「次世代巨大バスト番付」で東の大関に選ばれながら、その活動が不定期であるという飢餓感。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?