芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(6)くびれ編1位~7位…筧美和子は6種のダイエットを実行

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 豊かなバストも、大きなヒップも、間をつなぐウエストが不細工では輝きを持てない。しなやかな「くびれ」という美学がここに集結。

1位・川崎あや(165センチ B83・W54・H84)

 今や「くびれスト」と呼ばれ、ニッポンの細いウエストを代表する存在となった。高身長で美脚ながら、きわどい水着をラクラクこなすというギャップにも萌え要素は十分。

2位・馬場ふみか(167センチ B83・W56・H84)

 髪ブラをあしらった写真集の表紙には目を奪われたが、さらに評価すべきは、鍛え上げたウエストの引き締め感だろう。

3位・石川恋(165センチ B83・W56・H83)

 女優としては「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)に出演するなど成長を見せているが、グラビアにおいてはすでに雑誌の売り上げを左右する存在。

4位・伊東紗冶子(166センチ 推定89センチ・Eカップ)

 関西のフリーキャスターとして人気を集めているが、そのボディはすでに天下獲り。豊満な双丘も細身のウエストも超一級の見栄え。

5位・筧美和子(164センチ B89・W60・H85)

 爆乳ぶりには以前から定評があったが、6種類のダイエットを成功させ。Gカップはそのままに、くびれたウエストを手に入れた。

6位・大川藍(164センチ B79・W57・H78)

 元「アイドリング!!!」の一員というより、すっかりモデルとしての活動で花開く。ウエストはもともと細いが、最近はバストも急成長。

7位・南りほ(155センチ B78・W48・H82)

 48センチという驚愕のウエストサイズ! まったく無名の女優が、そのくびれだけで「SPA!」の誌面を飾り、ブレイク間近な存在に。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?