政治

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(4)「総理は辞めなさい」と進言

 別居問題に加え、北朝鮮の核実験強行で国際情勢の緊張感も高まり、心身が休まる暇がない安倍総理。懸念されるのが健康状態だ。外遊を精力的にこなし、趣味のゴルフをたしなむ体力の余裕を見せるが、難病指定されている潰瘍性大腸炎を抱える体の調子はどうなのか。「薬が効いて安定しているんだ」と周囲には説明しているとされるが、

「今も定期的に検査入院をしていますし、人一倍、食事には気を遣っています。お酒も基本的にはよくない。今年2月、トランプ大統領就任後初の日米首脳会談でも、アイスティーを飲んでいました。来日していたスペイン国王夫妻との4月6日の会談でも同様です。昭恵夫人は大好きなワインをたしなんでいましたが」(政治ジャーナリスト)

 新聞に載る「首相動静」を見ると、運動不足解消のためか、港区内の会員制高級フィットネススパに通っているが、

「実はここの個室にかかりつけの医師を待機させ、極秘裏に診察を受けていると言われています」(前出・政治ジャーナリスト)

 昭恵夫人との食事ツーショットに続く、これまた“偽装”フィットネスなのだ。

 そうした健康への懸念がつきまとうこともあり、安倍総理は昭恵夫人に対して、奔放な言動に手を焼く一方で、感謝の意も持っているという。

「選挙演説で手が回らない場合に、昭恵夫人が赴くことも多かった。そのへんの新米議員よりも多くの人が集まってくるほどです。だから『昭恵には助けてもらった面も多い』と理解を示している。そもそも第一次政権時、ブッシュ元米大統領夫人と面会し、ファーストレディの心得に感銘を受けた昭恵夫人に『やりたいようにすればいい』と語ったのは、ほかならぬ安倍総理なのですが‥‥」(前出・政治ジャーナリスト)

 さて、別居の引き金となった森友学園騒動はというと、

「近々、大阪地検特捜部が寄付金詐欺で籠池理事長を逮捕することで収束するでしょうし、今後の『夫人活動』は各省庁に相談してもらうことになります。昭恵夫人のメンタルしだいですが、総理在任中の離婚の可能性は低いのではないか」(政治部デスク)

 洋子さんは、親しい関係者に、

「晋三には『お父さん(故・岸信介元総理)がやり残したことを全部やったんだから、総理は辞めなさい』と言ったんです」

 と話しているが、「その時」が来たら、別居問題は新たな展開を見せるのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”