芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(9)美バスト編11位~25位…意外にグラマーな小島瑠璃子

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 この部門は「Fカップまで」を基準としながら、バランスとしては実にビューティフルな逸材たち。ほどよい大きさの魅力を見よ!

11位・山地まり(158センチ B87・W60・H88)

 そういえば、ちょうど2年前の「男性未経験認定証」はどうなったんだろう‥‥。そんな詮索はともかく、グラビアも女優業も順調なステップ。

12位・紗綾(150センチ B92・W63・H90)

 人生の半分以上を「被写体」として過ごしているが、いつだって紗綾は紗綾。むっちりボディとピュアなビジュアルの対比は不変だ。

13位・石原さとみ(157センチ B82・W58・H82)

 映画の「シン・ゴジラ」にドラマの「校閲ガール」(日本テレビ系)、さらに「東京メトロ」のCMと、自慢の美バストを確実にアピールする姿勢は立派。

14位・佐々木希(168センチ B80・W58・H82)

 失礼ながら、このジャンルにランクインするとは思わなかったが、意外にぷるるんだった「ユニクロ」のCMはインパクト絶大。結婚したアンジャ渡部建がうらやましい!

15位・小嶋陽菜(164センチ B80・W60・H88)

 AKB48きっての美の女神もついに卒業。もっとも、すでにこじはるとしての展開は盤石なので、さらに楽しませてくれるはず。

16位・京佳(155センチ B82・W60・H85)

 全パーツ100人の中で最年少は、アイドルグループ「夢みるアドレセンス」の中でも、ひときわバストに目がいく将来性抜群の京佳。

17位・間宮夕貴(163センチ B86・W59・H86)

 新たに蘇った「風に濡れた女」でブルーリボン新人賞にも選ばれたが、あらためて間宮の野性味あふれる肉体を誇示。

18位・おのののか(169センチ B83・W59・H85)

 同じように球場の売り子からデビューした「ほのか」が現れたが、まだまだ先輩としてポジションは渡さず、グラビア継続にも積極的。

19位・池田裕子(165センチ B84・W58・H85)

 年齢=彼氏いない歴は明石家さんまにも突っ込まれるところだが、これだけ豊満なバストを持っているのだから、有効活用すべし(笑)。

20位・階戸瑠李(162センチ B84・W59・H85)

 13年度の「ミスFLASH」でも証明されたしなやかボディは、いよいよ女優として開花間近。大胆なグラビアも期待できそうだ。

21位・永井里菜(155センチ B85・W58・H83)

 このところ「アイドルグループの豊かなバスト」という分類が多いが、G☆Girls所属で、Y字バランスが得意な里菜もその1人。

22位・小島瑠璃子(157センチ B81・W57・H85)

 こじるりって、まだ23歳なのか。あまりにも達者な進行スキルはキャリアを上回るが、意外なグラマーぶりも想像をはるかに超える。

23位・泉里香(166センチ B81・W57・H83)

 また1人、大物の「モグラ女子」が誕生した。ファッション誌でカリスマ的な人気を誇る泉里香が、まさかの豊かなバストでグラビア参戦。

24位・一色杏子(152センチ B86・W59・H87)

「アサ芸シークレット」の第3回Newフェイスグランプリでグランプリを獲得。これまたゴムまりみたいに弾力のあるEカップがまぶしく輝くボディだ。

25位・菅井美沙(153センチ B80・W50・H80)

 現役の東京理科大生が衝撃のグラビアデビューを飾ってから1年。全身はスレンダーだが、柔軟性に満ちたFカップは偏差値高し。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?