芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(9)美バスト編11位~25位…意外にグラマーな小島瑠璃子

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 この部門は「Fカップまで」を基準としながら、バランスとしては実にビューティフルな逸材たち。ほどよい大きさの魅力を見よ!

11位・山地まり(158センチ B87・W60・H88)

 そういえば、ちょうど2年前の「男性未経験認定証」はどうなったんだろう‥‥。そんな詮索はともかく、グラビアも女優業も順調なステップ。

12位・紗綾(150センチ B92・W63・H90)

 人生の半分以上を「被写体」として過ごしているが、いつだって紗綾は紗綾。むっちりボディとピュアなビジュアルの対比は不変だ。

13位・石原さとみ(157センチ B82・W58・H82)

 映画の「シン・ゴジラ」にドラマの「校閲ガール」(日本テレビ系)、さらに「東京メトロ」のCMと、自慢の美バストを確実にアピールする姿勢は立派。

14位・佐々木希(168センチ B80・W58・H82)

 失礼ながら、このジャンルにランクインするとは思わなかったが、意外にぷるるんだった「ユニクロ」のCMはインパクト絶大。結婚したアンジャ渡部建がうらやましい!

15位・小嶋陽菜(164センチ B80・W60・H88)

 AKB48きっての美の女神もついに卒業。もっとも、すでにこじはるとしての展開は盤石なので、さらに楽しませてくれるはず。

16位・京佳(155センチ B82・W60・H85)

 全パーツ100人の中で最年少は、アイドルグループ「夢みるアドレセンス」の中でも、ひときわバストに目がいく将来性抜群の京佳。

17位・間宮夕貴(163センチ B86・W59・H86)

 新たに蘇った「風に濡れた女」でブルーリボン新人賞にも選ばれたが、あらためて間宮の野性味あふれる肉体を誇示。

18位・おのののか(169センチ B83・W59・H85)

 同じように球場の売り子からデビューした「ほのか」が現れたが、まだまだ先輩としてポジションは渡さず、グラビア継続にも積極的。

19位・池田裕子(165センチ B84・W58・H85)

 年齢=彼氏いない歴は明石家さんまにも突っ込まれるところだが、これだけ豊満なバストを持っているのだから、有効活用すべし(笑)。

20位・階戸瑠李(162センチ B84・W59・H85)

 13年度の「ミスFLASH」でも証明されたしなやかボディは、いよいよ女優として開花間近。大胆なグラビアも期待できそうだ。

21位・永井里菜(155センチ B85・W58・H83)

 このところ「アイドルグループの豊かなバスト」という分類が多いが、G☆Girls所属で、Y字バランスが得意な里菜もその1人。

22位・小島瑠璃子(157センチ B81・W57・H85)

 こじるりって、まだ23歳なのか。あまりにも達者な進行スキルはキャリアを上回るが、意外なグラマーぶりも想像をはるかに超える。

23位・泉里香(166センチ B81・W57・H83)

 また1人、大物の「モグラ女子」が誕生した。ファッション誌でカリスマ的な人気を誇る泉里香が、まさかの豊かなバストでグラビア参戦。

24位・一色杏子(152センチ B86・W59・H87)

「アサ芸シークレット」の第3回Newフェイスグランプリでグランプリを獲得。これまたゴムまりみたいに弾力のあるEカップがまぶしく輝くボディだ。

25位・菅井美沙(153センチ B80・W50・H80)

 現役の東京理科大生が衝撃のグラビアデビューを飾ってから1年。全身はスレンダーだが、柔軟性に満ちたFカップは偏差値高し。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!