芸能

クイズ番組「インテリ美女」たちの「IQフェロモン」!(2)八田亜矢子の美しいパーツとは?

 元ミス東大の経歴を持つ八田亜矢子(32)も「インテリ美女」として欠かせない存在だ。

 13年、東京大学大学院医学系研究科を修了後、大学時代の同級生と結婚。構成作家は、彼女がクイズ番組で重用される理由について、

「美貌、実力はもちろん、圧倒的なパーツの美しさがあるんですよ」

 と語り、次のように続けるのだった。

「ワキです。誇張でも何でもなく、彼女のワキは国宝級の美しさです。クイズ番組スタッフだけでなく、ある局内では『あれは数字を取れるワキ』と言われています。そういう意味で『Qさま!!』よりも動きの激しい『ネプリーグ』のほうが彼女のワキが際立ちます。『Qさま!!』でも、正解した際に手を上げて喜ぶ瞬間に注目してください」

 実は八田にはもう一つ、欠かせない注目ポイントが存在する。

「ワキと同様、ずっと言われていることですが、彼女とパンチラはセットです。衣装と体の動きに理由があるのでしょうが、昔からとにかくパンチラが多く、画面に映っているだけで視聴者をドキドキさせられるんですよ」(クイズ番組スタッフ)

 今後も各局のクイズ番組が、首を長くして彼女に頼ることは明らかだろう。

 漢検1級の資格を持ち、今や芸能界の「漢字女王」としてクイズ番組に君臨する──といえば、女優の村井美樹(37)である。

 早稲田大学教育学部在学中の02年、ミス早稲田に輝き、学生時代は演劇活動に打ち込んだ。女優として将来を嘱望されていたという彼女について、制作スタッフは「健康エロの女王」として彼女を激賞する。

「とにかく地頭がよく、勉強熱心なので、クイズ番組のニーズを満たしているのは当然なのですが、同時に『健康的なエロさ』がすばらしいんですよ。淫靡というよりも快活。テレビに出ているインテリ美女の中でも、このタイプは1人だけ。ただ、その一方で、過去に一冊だけセクシー写真集を出しているんです。Bカップながらボリューム感のある美乳で、ハミケツのプリプリ感もすばらしい」

 ゴールデンタイムに放送されるクイズ番組と健康エロがうまくマッチしたということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日