社会

ロシアの風邪対策「にんにくネックレス」には根拠があった!

 風邪が流行っている。そして症状が長引きやすいのも春の風邪の特徴。そんな風邪に有効な対策法が、にんにくなのだという。

 最近のテレビCMで「ロシアでは、にんにくを首にブラ下げるという体調管理法があるそうだ」というものが流れ、風邪対策として「にんにく入りのネックレス」を子供たちの首にかける習慣が紹介されている。にんにくは古来からスタミナ食として知られている健康食であり、体にいいことは間違いないだろう。

 日本人と結婚して埼玉県に住むロシア人女性が言う。

「私の出身地、カザフスタンでは、確かににんにくを首からブラ下げると風邪をひかないと言われています。生のにんにくを首からつるしたり、プラスチックなどのケースににんにくを入れて首から下げたりするんです。にんにくは常に新鮮なものを使います。新鮮なにんにくの臭いを吸うことで、風邪やインフルエンザに効果があると言われているからです」

 旧ソ連邦時代にインフルエンザが大流行した際には、政府は予防と治療のため、大量のにんにくを輸送。にんにくをロシアのペニシリンと呼び、大々的ににんにく食を訴えたという。

 料理家で管理栄養士の大野祥子氏も言う。

「にんにくに含まれるアリシンという成分に強い殺菌力があり、体内に侵入した細菌や風邪のウィルスをやっつけてくれると言われています。アメリカの大学での実験では、バクテリアでいっぱいの皿ににんにく片を入れておくだけで、ほとんどのバクテリアが死滅してしまったと報告されています」

 ロシアの習慣には根拠があったのだ。しかし、実際問題、にんにくをブラ下げてはなんとも歩きづらい。そこで、先の大野氏が勧めるのが、にんにくスープである。

 作り方はこうだ(4食分)。にんにく3片、しょうが2かけ、ネギ10センチほどを刻んで炒め、塩と胡椒で味付けする。ガラスープ小さじ1、2杯を溶かした水600ccを足し、煮立たせたら、醤油を小さじ1杯。そして大さじ1杯の水溶き片栗粉を入れかき混ぜ、最後に溶き卵を流し入れて沸騰させればできあがり。

 簡単、美味。風邪でなくてもお勧めだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
4
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
5
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱