芸能

天才テリー伊藤対談「連載1000回記念・太田光」(1)あのグラドルたちどうしてるのかな

●ゲスト:太田光(爆笑問題)(おおた・ひかり) 1965年、埼玉県生まれ。日本大学芸術学部在学中に田中裕二と知り合い、88年、「爆笑問題」結成。以後、数々のテレビ番組に出演し、デビューと同時に若手の有望株として注目を集める。94年4月スタートの「タモリのSuperボキャブラ天国」(フジテレビ系)に出演し、ネプチューン、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)らとともにお笑いブームを牽引、人気を不動のものとする。「ポップジャム」(NHK総合)、「ポンキッキーズ」、「笑っていいとも!」(ともにフジ系)、「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」(日本テレビ系)などジャンルを問わず、幅広く活躍し、日本を代表する漫才コンビに。現在も「サンデー・ジャポン」、「爆報!THEフライデー」(ともにTBS系)、「探検バクモン」(NHK総合)、「世界の日本人妻は見た!」(毎日放送)、「バクモン学園」、「世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!! 視察団」(ともにテレビ朝日系)、「空飛ぶ! 爆チュー問題」(フジテレビONE)、「JUNK爆笑問題カーボーイ」、「爆笑問題の日曜サンデー」(ともにTBSラジオ)など、多くのレギュラー番組を抱えている。

 天才テリーが多彩なゲストとともに語り合う対談連載が、このたびついに1000回を達成! 栄えあるこのメモリアル回に登場するのは、爆笑問題の太田光。共演も多く、お互い気心の知れた同士ということで会話も弾み、テレビ、政治、今後の夢まで、じっくりと語り合った!

太田 連載1000回、おめでとうございます! 20年続いているそうじゃないですか、すごいですね。

テリー ありがとうございます。でもさ、爆笑問題のラジオも確か同じくらい続いてるんでしょう?

太田 ええ、「JUNK 爆笑問題カーボーイ」も今年で20周年です。

テリー ほら、太田さんもすごいじゃない。さっそくだけど、これまでのこのコーナーの出演者リストを見てみてよ。最高だから。

太田 (リストを見ながら)ハハハ、何、この怪しいラインナップ!

テリー 懐かしいね。天地真理、さとう珠緒、あと岡本夏生とかね。細川ふみえが最多出演で、今まで4回出てもらってるんですよ。

太田 岡本夏生、今どうしてるんですかね?

テリー 「もうテレビに出ない」みたいなことを言って、トークショーやイベントを中心に活動してるみたいだね。でも、まあ信用はできないよね(笑)。

太田 今の泰葉に近い感じですね。もう怖すぎて誰も触れないという(笑)。

テリー 泰葉の悲劇は女に生まれちゃったことだね。彼女、破天荒だった先代の三平師匠にいちばん近いキャラクターですよ。

太田 あそこは海老名美どりさんもミステリー作家宣言という伝説を残してますから(笑)。きっと、女性のほうが三平師匠の血を継いでるんでしょうね。

テリー (再びリストを見ながら)桜庭あつことか、今何してるんだろう? ものすごく気になるよ。

太田 もう芸能界は引退したんじゃなかったんでしたっけ?

テリー そうか。彼女、確か羽賀研二とつきあってたよね?

太田 そうです。「私、羽賀さんが好きです」とか言って、梅宮アンナと三角関係の騒動になって。あの羽賀研二を困らせるという、めったにいないタイプの女性でしたね(笑)。桜庭、大原かおり、嘉門洋子。このあたりが僕らと同じ頃出てきた世代なんですよ。

テリー あ、そうなんだ。

太田 僕が若手の頃、彼女たち含めて何人かのグラビアタレントと一緒に地獄のロケをやりましたからね。それ、「爆笑問題の爆乳モンスター」っていう番組だったんですけど(笑)。

テリー 略して「爆モン」だ(笑)。

太田 東京からバスで出発して、どこかの温泉に着いたら30分番組を連続7本撮りですよ。途中で嘉門洋子が生理で倒れるっていうアクシデントもあったりして(笑)。

テリー アハハハハハ! あの頃、そういうムチャな番組多かったからね。

太田 いや、ホントに。ひどかったですよ。

テリー 大原といえば、俺、この前、偶然会ったんです。

太田 えっ、何でですか?

テリー キャンピングカーのイベントに呼ばれて行ったら、大原がイベント会場で犬のグッズを売ってるの。「お前、何やってるんだよ?」って聞いてみたら、今、犬のグッズを扱うビジネスマンとして成功してるらしいんですよ。

太田 へぇ、大したもんですね。

テリー 無事で何よりって思ってね。まあ、声はガラガラだったけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”