芸能

フジテレビが「コード・ブルー」復活で、またもやミスチル起用という“愚策”

 フジテレビはまたもや懐古趣味で視聴率を落とすつもりなのか。7月期の月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」にて、主題歌がミスチルことMr.Childrenの「HANABI」に決定したもの。同曲は08年放送の「コード・ブルー」第1シーズンにて主題歌として採用され、25万枚突破のヒット作となった作品だ。

「確かに『HANABI』はヒット曲でしたが、今ドラマ主題歌に採用したところで街に流れることはないでしょう。しかもミスチルは7月に最新シングルを出しますが、それは映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌ですからドラマの宣伝にはならないのです。本来ならドラマを側方支援すべき主題歌を懐古趣味で選ぶとは、本当にヒットさせる気があるのか疑ってしまいますね」(テレビ誌ライター)

 本ドラマでは新垣結衣がヒロインを務めるが、その新垣が昨年10月期に出演した大ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)では主題歌の「恋」(星野源)も一緒にヒットし、相乗効果を生んでいた。そんな先例をフジテレビはなぜ見逃しているのだろうか。

「フジの懐古趣味は今に始まったことではありません。昨年4月期の芦田愛菜主演『OUR HOUSE』ではなぜか、79年リリースの『愛を止めないで』(オフコース)を主題歌に採用。案の定、若者にはさっぱりと響かず、再発したシングルは週間61位に爆死していました。そんな前例があるのに、なぜ今回『HANABI』なのか。当のミスチルファンですら首をひねっていますよ」(前出・テレビ誌ライター)

 爆死続きの月9をテコ入れするため、過去のヒット作を引っ張り出してきたはず。しかし制作陣がこの調子では、せっかくの「コード・ブルー」も第3シーズンにしてついに爆死となってしまわないかが心配されるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か