芸能

やはり、あの男が原因? とんねるず「男気ジャンケン」が強制リニューアル

 急すぎるリニューアルに視聴者からツッコミが殺到!?

 15日放送のバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)では、新企画「ジェントルジャンケン」が放送された。

 同企画はハットやステッキといった紳士風の小物を身につけ、ジェントルマンになりきった出演者たちが、商店街の活性化のため、ジャンケンで勝った出演者がポケットマネーで買い物をするという内容。

 お気付きの通り、同番組の人気企画「男気ジャンケン」が生まれ変わった新企画となっており、恒例のジャンケンの掛け声も「ジェントルジャンケン ジェントルメン」というものになっている。また、ジャンケンの他に「あみだくじ」などのゲームでも支払者を決めている。

 そのため、男気を見せて料金を支払うのではなく、あくまで紳士として商店街を救うというお金を支払う建前が変わったぐらいで、「男気ジャンケン」との内容の変化はほとんどない。

 しかし、視聴者からは「男気ジャンケンの方が好きだな」「内容もほぼ一緒なんだからジェントルジャンケンに無理に変える意味が分からない」「やっぱり、清原のせいで男気が終わったんだろうな」など、内容はあまり変わらずともコンセプト的には男気ジャンケンの方が好きという声も多数見受けられている。

「番組では『新たなステージ“男気”から“ジェントル”へ』『もう男気とか古いですよ』など、『男気ジャンケン』が進化したというような説明をしていますが、やはり企画が変わってしまったのも薬物所持で逮捕された元プロ野球選手の清原和博の影響でしょう。11年から16年まで放送された『男気じゃんけん』では、今まで多く支払いをした出演者にはその勲章として金バッジが配られていましたが、昨年2月の放送では清原逮捕の影響で突然リニューアルを謳い、実積を全てリセット。出演者たちはまた一から金バッジを目指し頑張っていましたが、リニューアルしたばかりだったのにも関わらず、あっさり新企画に変わってしまったわけですから、清原の影響を受けているとしか思えませんね」(エンタメ誌ライター)

 男気ジャンケンは世間の若者たちの間でもマネをするものが多かったが、果たしてジェントルジャンケンはどれほど世間に浸透するだろうか。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!