エンタメ

藤井聡太 62億円が動いた「フジイノミクス」の爆騰現場!(2)リュックもチョコも売上げ増

 対局室で、まずファンの目に留まったのは、藤井が毎回持ち込む愛用のリュックサック。イギリスのアウトドアブランド「カリマー」の製品で、鮮やかな青が印象的だ。同社の担当者に話を聞いた。

「藤井さんが使われている製品は去年の6月にニューモデルになっており、まったく同じものは販売しておりません。ですが、実はその現行モデルの同色の製品が売れていて、現在は在庫なしの状況です。弊社にも出荷ベースで約2倍の発注が届き、将棋とリュックサックには親和性がないだけに驚いています」

 教育の分野では“モンテッソーリ教育”のブームに火をつけた。これはアメリカのオバマ前大統領や、世界的大企業の創業者らを育てた教育メソッドだが、一部の教育者の間でしか知られていなかった。だが、この「天才育成法」を取り入れた幼稚園に藤井が通っていたことが知れ渡ると、関連の「モンテッソーリ本」は一躍バカ売れ状態に。15年8月に発行された「モンテッソーリ流『自分でできる子』の育て方」(日本実業出版社刊)の担当編集者が言う。

「連勝ストップ以降も、たくさんのお問い合わせをいただき、おかげさまでこの2週間ほどで二度の緊急連続大増刷となりました」

 長時間にわたって脳をフル稼働させる将棋には、エネルギー源となる糖分の補給が欠かせない。藤井が対局に持ち込んでいた“おやつ”が不二家の「LOOKチョコレート」だ。報道陣からそのことを知らされた同社の対応はこうだ。

「注目していただけた御礼にと、弊社社長名でお手紙を添えて、関西将棋会館に『LOOK』を贈らせていただきました。同商品は今年が発売55周年でキャンペーン中なのですが、ありがたいことに相乗効果で売り上げは昨年よりも伸びています」(広報担当者)

 大量に進呈されたチョコは、他の棋士や将棋連盟の職員にもお裾分けされたという。その舞台裏ではこんなこぼれ話も。

「対局中にチョコをたくさん食べることで有名な加藤一二三九段は、この話を聞いて『なぜ僕には何も送られてこないんだろう』と不思議そうな顔をしたそうです」(将棋観戦記者)

 藤井を「すばらしい後継者」と絶賛した“ひふみん”。師弟タッグでチョコのCMに出演する日は近い!?

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線