芸能

松居騒動で視聴率が上昇した船越英一郎が司会「ごごナマ」の致命的弱点!

 7月10日放送の船越英一郎司会の昼の生情報番組「ごごナマ」NHKの視聴率が4.1%(ビデオリサーチ調べ、関東)と普段よりジャンプアップした。同時間帯の前4週平均2.8%を大きく上回っている。

 これを、妻・松居一代との騒動が影響したとみる向きは多い。

「この番組は『おしゃべり日和』というトークコーナーが大半を占めますが、視聴習慣がついていないため、かなりネームバリューがあるようなゲストでも数字が劇的に上がることはありません。しかもこの日のゲストは芸人のはなわですから、普段このチャンネルを合わせないような視聴者が、船越の様子をうかがうために見たと判断するべきでしょう」(芸能ライター)

 そもそも「ごごナマ」は、22年間続いた人気番組「スタジオパークからこんにちは」を打ち切り、鳴り物入りで昼間の視聴率激戦区にNHKが始めた番組。司会に船越と美保純を抜擢し、同局の「あさイチ」の昼版を目指したものの苦戦続き。そんな低迷番組の視聴率が上向いた原因が、今、最も関わりたくない妻にあろうとは、船越も痛しかゆしといったところだろう。

 何とも皮肉な好視聴率だが、それでもテレ東を除く同時間帯の最下位の視聴率であることに変わりはない。

 この現状についてテレビ関係者は辛口だ。

「ネットニュースでは、芸人のはなわが歌う『お義父さん』という歌に船越が涙を見せたことが話題となっていましたが、もはや内容ではなくて船越の動向をウォッチングする番組になっています。視聴者も、もはや『はなまるマーケット』(TBS系)や『あさイチ』がやってきたようなことを見せられても興味が湧くはずもない」

 さらに別のテレビ関係者は、同番組のこんな「弱点」を指摘する。

「この番組は放送作家がいないんですよ。ディレクターだけで作っている。どうすれば船越と美保をうまく使えるのかをアドバイスするブレーン的な立場の人間もおらず、暗中模索の中で作っている。10月での改編も囁かれています」

 そんなこんなで日に日にお茶の間に見せる表情がやつれてきたとも指摘される船越。元気な顔を見せてくれるのはいつになるのだろうか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!