芸能

2017上半期「CM女王23人」の“艶”通信簿(1)色香が増してきた広瀬すず

 芸能界での勢いが一目でわかる「CMランキング」が発表され、23人が上位にランクインした。2位以下を大きく引き離してトップに躍り出た「新女王」から、巻き返しを狙うベテラン女優まで…CMと私生活から醸し出される極上色香を独自採点。「“艶”通信簿」で花マルを連発したのは!?

 みごと14社もの企業CMに出演し、2017年上半期の単独クイーンとなったのは広瀬すず(19)。今年だけで4本の主演映画が公開されるなど女優業も絶好調で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 8月19日公開の劇場アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(東宝)では、2年ぶりに声優として出演、「魔性のエロ声」で共演者を骨抜きにしたという。

「オンエア中の予告編では広瀬演じるヒロインの『私が勝ったら、何でも言うこと聞いて』という小悪魔的なおねだりが炸裂しています。相手役のイケメン俳優・菅田将暉(24)もメロメロで、製作報告会見では『色っぽいというか、声がエロいなって』と絶賛していました」(芸能記者)

 成長しているのは、声だけではない。放送中の目薬CM「NewマイティアCL」(千寿製薬)で披露した“女王の胸元”に多くのファンが目を奪われた。

「ピチピチの青いドレス越しに、それこそ“下から見ても横から見ても”たわわな旬のおっぱいがユサユサ揺れている。各社がスクープを狙う中、なかなかシッポを出しませんが、この急激なサイズアップの陰に“オトコ”がいるのは確実でしょう」(前出・芸能記者)

 ちなみにすずの姉・広瀬アリス(22)は、昨年1本だったCM出演数が、今年に入って4社と一気にジャンプアップ。

「『リアルゴールド』(日本コカ・コーラ)ではミニスカチアガールに扮し、『コパトーン』(大正製薬)では水着姿を披露するなど、出し惜しみなし。おっぱいの大きさでは妹に抜かれたとの声が聞こえますが、肌の露出面積では圧勝。下半期にはさらに出演数も増えるはず」(広告代理店関係者)

 また、妹に負けじと公開中のハリウッド映画「パワーレンジャー」(東映)の吹き替え版で声優にも初挑戦。

「今年1月の初舞台『世界』でデリヘル嬢を演じ、芝居の幅が広がりました。エロ声勝負ではすずと互角でしょう」(前出・芸能記者)

 CM界の“ロイヤルシスター”には、引き続き熱視線が注がれそうだ。

 広瀬すずに続く2位集団では、トップ女優たちがそれぞれ10社とCM契約。その一人、綾瀬はるか(32)は「プライベート・ビエラ」(パナソニック)のCMで、風呂場に小型テレビを持ち込み、全裸入浴シーンを披露している。

「4月に発売された写真集でも、ビキニ姿で豊満なFカップの谷間や、ブラからはみ出す下乳を公開しています。三十路を越えてなお、おっぱいアピールに余念がありません」(グラビア誌編集者)

 芸能評論家の佐々木博之氏は、綾瀬の活躍を次のように分析する。

「最近は活躍の場がほぼ映画とCMに限定されています。民放のドラマ担当者にすれば、彼女のような“数字の取れる女優”はノドから手が出るほどキャスティングしたいはず。恐らく綾瀬本人が、相当仕事を選んでいると思います」

 脱ぎ仕事は本人の希望だった!? これからもバンバン脱いでいただきたい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!