芸能

その時、歴史的な「放送事故」は起こった!(4)<ハプニング篇>「マンション落下」の菊間千乃がTBSで復帰

 やり直しがきかない生放送では、想定外の事態も容易に起こりうる。防ぎようがなかった大事故や舌禍、場外乱闘をここに。

 夜明けの時間帯に戦慄が走ったのは98年9月2日のこと。若手アナだった菊間千乃は「めざましテレビ」(フジ系)の「それ行け!キクマ」のコーナーで、避難器具の体験レポートに挑戦。

 マンションの5階から器具で地上に降りたものの、固定がしっかりせず、約13メートルの高さから地上のマットに叩きつけられてしまう。

「あっはっは、そうなんだ、外れちゃった‥‥え? 菊間ちゃ~ん!」

 同僚の小島奈津子アナが異変に気づいて呼びかける。菊間アナは腰椎、胸椎、肋骨などを骨折する全治3カ月の重傷を負った。

 その後、フジを退社して弁護士になり、今春からは「ビビット」(TBS系)のコメンテーターになっている。女子アナ史上、最も変節を迎えたケースであろうか。

 さて、歌番組の最高峰であるNHKの「紅白歌合戦」は、放送事故の数も群を抜く。長渕剛の3曲ジャック事件(90年)、DJ OZMAの裸ボディスーツ事件(06年)などがあるが、極め付きは吉川晃司のステージ大暴れ事件(85年)だろう。

 この日、吉川は予定時間をオーバーして歌い、さらにギターに火をつけてステージに叩きつける。そのため、次の出番を待つ河合奈保子が恐怖におびえ、歌い出しのタイミングを失ってしまう。

「ギターもあそこまで燃やすつもりはなくて、自分でもヤケドして、全部がみごとなほど裏目に出てしまった」

 吉川は反省したものの、NHKには十数年の出入り禁止処分が続いた。

 さて、出入り禁止ではなく、ドタキャンに見舞われたケースは「ミュージックステーション」(テレ朝系)に多い。03年6月27日には、ロシアの「t.A.T.u」の出演が目玉だったが、オープニングの顔見せに登場したあと、歌の出番になっても現れず。

「出たくねえということです。控え室から出てこないということです」

 司会のタモリが顔面蒼白になって、そう説明した。

 また11年の25周年特番では、浜崎あゆみが出演をキャンセル。

「スタッフが帰りの搭乗チケットを間違えた」

 浜崎は責任をなすりつけたものの、どうやら大トリの座をAKB48に奪われたことが我慢ならなかったらしい。

 事態を重く受け止めた所属事務所のエイベックスは、社長名義で「あゆはわが社の中興の祖であるが、今回は厳しく対処するしかない」と、ドタキャンに対しての見解を示した。

 最後は、忌野清志郎こそ、「キング・オブ・放送事故」であったエピソードを。89年10月の「ヒットスタジオR&N」(フジ系)に出演した忌野率いるザ・タイマーズは、1曲目こそリハーサルと同じ「タイマーズのテーマ」を歌う。ところが2曲目は──、

「FM東京、腐ったラジオ♪」

「FM東京、お○んこ野郎♪」

 自分たちの曲を放送禁止にしたFM東京への恨みを、ひたすら放送禁止用語に乗せて歌い上げる。同じ日に出演したミュージシャンたちは、驚いたり、アゼンとしたり、大喜びしたりと、各人各様の表情を浮かべていた。

 司会の古舘伊知郎は演奏終了後に「リハーサルと全然違う曲だもん」と嘆き、FM東京への謝罪を口にしたが、清志郎のロック魂はここに極まれりであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
3
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
4
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏
5
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!