特集

「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

Sponsored

 30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごしているのではないでしょうか。

 しかし、一方では、多種多様なライフスタイルの変化とともに忙しさやストレスも増し、また、加齢による変化も加わって、心身への影響が出やすい年代でもあります。

 それが如実に表れるのが肌です。

⇒お肌は影響を受けやすい

肌のお手入れは十分ですか? 「老け顔」になってからではもう遅いんです!

「ほうれい線」「目もとのしわ」「ほほやあごのたるみ」といったワードには、思わずピクッと反応しちゃいますよね。程度の差こそあれ、女性は美に対して無関心ではいられません。見た目に影響する肌であればなおのこと。

 とはいえ、忙しさや充実した環境への安心感、あるいは加齢からのあきらめを理由に、肌のお手入れをさぼっていませんか?

 この年代特有の肌の変化は、そのまま放置しておくと状況がさらに加速してしまいます。30代にして「老け顔」なんてことにもなりかねませんし、あとになって「若さを取り戻したい!」と思っても難しくなってしまいます。だからこそ、「気づいたときがケアの始め時」なんです。

⇒今すぐはじめるお肌のケア

乾燥によるうるおいと弾力の低下が「しわ」「たるみ」をつくる

「しわ」や「たるみ」の原因は、加齢、乱れた食生活や生活習慣などさまざまありますが、スキンケアで対処できるものでいえば、「乾燥によるうるおいと弾力の低下」があります。

 肌の外側が乾燥して水分が不足すると、周囲を保護しようと角質が硬くなりますが、その過程で肌表面に小じわができてしまいます。目もとなど、皮膚の薄い部分は乾燥しやすいため、しわができやすいのです。また、肌の乾燥は、体の内側からも起こります。これは、加齢によって保湿成分であるヒアルロン酸が減少するから。こうなると、皮膚の深いところで水分が不足し、肌の弾力が低下してたるみとなるのです。

 なるほど、つまりは「しわ」や「たるみ」には、肌への保湿がポイントとなりそうです。そのためには、保湿成分の浸透力は大事ですよね。また、忙しくて十分なケアができない30代、40代にとっては、効率性も無視できません。

琥珀エキスで肌への浸透力と保湿力を高めた『ヤマノ肌 琥珀パワーエキス オールインワン美容液EX』

 日本で初めて「泥んこ美容」を紹介、美容業界のパイオニアと呼ばれた山野愛子の意思を継ぎ、700店舗以上のエステサロンを展開するヤマノグループから生まれた『ヤマノ肌 琥珀パワーエキス オールインワン美容液EX』なら、気になる「小じわ」などに直接アプローチしてくれます。

 その秘密は世界唯一の植物性宝石といわれる「琥珀」。ヤマノグループは、国立理化学研究所や筑波大学とも共同研究を行い、琥珀から「琥珀パワーエキスNO.2RE」を抽出。「皮膚ターンオーバー促進効果」と「ヒアルロン酸産生促進効果」を発見したのです。

 つまり、ヒアルロン酸をつくって肌を生まれ変わらせるということ。これを配合したのが『ヤマノ肌 琥珀パワーエキス オールインワン美容液EX』なんです。

⇒しわ・たるみのケアも大切

1本で7役、24種類の美容成分が配合されたオールインワンジェル

 さらにうれしいのは、『ヤマノ肌 琥珀パワーエキス オールインワン美容液EX』は、化粧水・美容液・乳液・クリーム・ブライトニング・下地・エイジングケアの機能を兼ね備えた「オールインワン」タイプであること。

 というのも、家事や育児、そして仕事に忙しい女性にとっては、スキンケアにもなかなか時間をかけられませんよね。だから、こんな時短アイテムが必要だったんです。

 また、「小じわ」など特定の悩みについてケアしたい場合などでは、相乗効果も期待できる「ライン使い」のケースも多いですが、「買い揃えるヒマがない」「コスト的に厳しい」といったこともクリアできます。

「オールインワンはひとつひとつの効果が弱い」という意見もありますが、美容成分を200%増量(ヤマノグループ従来品比較)、24種類の美容成分を配合することで対応しているので安心して使えます。

 この機会にぜひトライアルしてみては?

⇒『ヤマノ肌 琥珀パワーエキス オールインワン美容液EX』をもっと知りたい方は

Sponsored by山野愛子どろんこ美容.com株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化