特集

斉藤由貴、綾瀬はるかも出身者、グラビア登竜門ことミスコンの歴史が熱い!

Sponsored

 かつては多くのテレビ局やマンガ誌がこぞって開催していたミスコン。その草分けとなる「ミスマガジン」が始まった82年から35年目を迎えるいま、いくつもの主要なミスコンがすでにその役目を終えてしまったのは寂しい限りだ。それでも現在活躍中の女性タレントにミスコン出身者は少なくない。

「不貞疑惑で話題の斉藤由貴は、84年の『ミスマガジン』でグランプリを受賞。当時はまだ水着グラビアの賞ではなかったのです。ミスマガジンにはほかにも女優の倉科カナや、東京都議だった塩村文夏らがいます。3月にカリスマ美容師と離婚した小倉優子は日テレジェニック2002出身で、イメージDVDもリリースしていました。こちらには紗栄子(当時はサエコ)や眞鍋かをりらが名を連ねていますね」(グラビア誌編集者)

 今を時めく紗栄子がミスコン出身だったことに驚く人も少なくないはず。そんな彼女に限らず、現在の活躍ぶりからはミスコン出身だと信じがたいタレントも珍しくないのである。

「女優ではなんといっても綾瀬はるかでしょうね。彼女は『ファイブスターガール』の01年後期メンバーで、雑誌でよく見かけるW杯仕様の水着姿はこの発表会で撮影されたもの。ほかには麻生久美子(制コレ)や沢尻エリカ(ビジュアルクイーン)らも水着のイメージがないでしょうね。アーティストでは華原朋美(ビジュアルクイーン)やPerfumeのかしゆか(制コレ)らがミスコン出身者として異彩を放っています」(前出・グラビア誌編集者)

 そんな意外な名前が並ぶミスコンの35年にわたる歴史が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.47」にて特集。読めば、このタレントもミスコン出身者なんだ! という新たな発見に出会えるかもしれない。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」