スポーツ

試合は最後までわからない!夏の甲子園で2度起こっていた8点差からの大逆転

 ゲームセットの瞬間まで勝敗がわからないのが野球の魅力。7月26日に行われたプロ野球の東京ヤクルト対中日の一戦でも、7回表を終わって10‐0と中日の一方的な試合展開だったが、7回8回でヤクルトが追いつき、延長10回にサヨナラ勝ちした試合は記憶に新しいところだ。

 では、甲子園ではというと、8点差をひっくり返したのが最大で、夏の甲子園で2試合が記録されている。1つは97年第79回大会の1回戦、市船橋(千葉)対文徳(熊本)との一戦だ。

 この試合、市船の先発・長尾康博の立ち上がりを攻めた文徳は3回表までで9‐1と大量8点をリードする。ところが市船は3回裏に4点、4回裏に2点を返し、7‐9と2点差にまで詰め寄った。そして迎えた6回裏。市船は大宮恵介のタイムリーで同点、さらに山崎純男の遊ゴロ失で勝ち越しに成功。その後も太田良樹の3点三塁打など怒濤の攻撃で一挙に10点を入れ、17‐9と大逆転し、試合を決めたのだ。市船は先発の長尾をリリーフした松尾直史の好救援が史上最大8点差からの大逆転劇を生むことに。結局、最終的なスコアは17‐10。8点差負けから7点差勝ちにした試合となった。

 続く2試合目は14年第96回大会の1回戦。大垣日大(岐阜)対藤代(茨城)の一戦。大垣日大は1回表にいきなり8点を奪われたが、その裏の攻撃で4点を返し8‐4と4点差に。試合のこのまま4回まで進み膠着状態に陥ったと思われたが、5回表に藤代が2点を追加し10‐4とリードを広げる形に。だが、その裏から大垣日大が猛反撃を開始し、7回を終わって9‐10と1点差にまで詰め寄っていた。そして迎えた8回裏。同点に追いついた大垣日大はなおも2アウト二塁のチャンスで野崎文志がライトへ決勝の2ラン。12‐10の大逆転で藤代を降したのだった。

 厳しい状況から決してあきらめることなく勝利をつかみ取った市船と大垣日大。どちらの試合もゲームを壊さなかったリリーフの存在が最大8点差からの大逆転を生んだ要因だったと言えよう。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!