政治

天才テリー伊藤対談「石破茂」(4)対等な日米同盟は実現するんですか

テリー アメリカのトランプ大統領に、どんな印象を持たれていますか?

石破 実際に会ったことはありませんが、アメリカの友人は「彼はサスペンスとディール(取り引き)の大統領だ」と言ってますね。「相手を緊張と不安に陥れて、不安定な心理状態の時に取り引きをするんだ」と。

テリー なるほど、実業家ならではの手腕ですね。

石破 だから、昨日と今日で言うことが変わるし、閣僚とも言うことが違うこともあるから、何が本当だかよくわからない。その一方で、記者会見は一切やらず、ツイッターからバンバン発信する。恐らく既存のアメリカの秩序を破壊することが、自分のミッションの一つだと思っているんでしょう。

テリー 僕、政治家には三つの要素が必要だと思ってるんです。「未来を見る力がある」「数字が読める」「品格がある」。トランプさん、一つも持ってないですよ。

石破 そう言い切っていいのかなァ。

テリー もし石破さんが総理大臣だったら、ああいうやっかいな男とどう接していくんですか?

石破 一般論で申し上げれば、アメリカと日本は対照的な同盟国ではありません。アメリカは日本を防衛する義務を負う。一方、日本はアメリカを防衛する義務は負わない。その代わりに日本国の領土を日本国防衛のためだけじゃなく、アメリカの国益のためにも提供します、と。そういう違う義務を負っている同盟関係なわけです。だからアメリカに何かワッと言われると「お武家様、お許しください」みたいな対応になりかねない。

テリー 何か、卑屈な感じでね。

石破 何だかんだ言って、日米同盟は今日に至るまで、世界の同盟の中で最もうまくやってきた同盟の一つだと思います。だけど、これから先もそうなのかというと、それはわからない。だからこそ、日米同盟を対照的な同盟に持っていかないといけない。それが日本の国益であり、アメリカの国益でもあるはずだ、ということをアメリカにも認識させないとダメだと思っているんですね。

テリー それ、本当にできますか?

石破 時間はかかるかもしれませんけれど、理屈をきちんと説明すれば。もちろんお互いの国益も違いますが、私は防衛大臣の時も農林水産大臣の時も、いろいろな国の大臣と話しました。その経験から言うと、「みずからの言葉で自国の国益を考えて発言している相手だ」と信頼できれば、たとえ初対面でもどんどん話が進むんですよ。

テリー へぇ~、そういうものなんですね。

石破 だから、アメリカに対してきちんとモノを言うというのは、何も「アメリカ、何するものぞ!」とか、そういうことじゃないんですよ。「これとこれは日本がやりますから」と、ちゃんと覚悟と責任を持って言う、それこそが新しい日米関係の基礎になる、と私は思っているんですね。もちろん、口で言うほど簡単じゃないですがね。

テリー わかりました。しかし、こんな大変な時期にこうして「アサ芸」に出てくれるあたり、さすがだと思います。そのタフさこそ、明日の総理大臣に必要な条件じゃないかと思うし、少なくとも僕は期待しちゃうんですけれど。

石破 どうなんでしょうね、この状況ですから。明日はどうなるかわかりませんが、どんな立場になろうとも日本のために頑張りたいとは思います。

◆テリーからひと言

 石破さんには、ぜひ総理大臣になっていただいて、このモヤモヤとした日本の現状を打破してほしいな。期待しています!

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱