女子アナ

「24時間テレビ」マラソン走者問題で「水卜麻美アナ起用」に局内が猛反対!?

 日本テレビが8月26~27日に放送する「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーを巡り、その人選が紛糾している。番組側では「ランナーは当日発表」と濁しており、ブルゾンちえみやサンシャイン池崎といった芸人が「私の出番!」とばかりにアピールを続けているが、実際には局アナから選ばれる可能性が高いというのだ。

「最も可能性が高いと言われているのは水卜麻美アナ。ぽっちゃりキャラの彼女ならマラソン挑戦でダイエットするという大義名分もありますし、10月から『スッキリ!!』のMCに就任することで、番組側が強調している『走る理由がある人』にも該当します」(芸能ライター)

 ところが水卜アナなど局アナの起用に対しては、社内からの大反対が起こりかねないというのだ。テレビ局では昨今コンプライアンス重視が叫ばれており、人事部やアナウンス部が難色を示すはずだと、テレビ誌のライターが内情をささやく。

「問題なのは局アナは正社員だということ。マラソンという過酷な競技に強制参加させることが不当な業務命令だとして、監督官庁からの指導が入る恐れもあります。これでヒザを傷めて歩けなくなったり、熱中症で卒倒でもしたら、番組の責任者が業務上過失致傷を問われる可能性すらあるでしょう」

 これまでも東京マラソンに局アナが参加する例もあったが、市民ランナーが数多く挑戦する通常のマラソンと、100キロにおよぶチャリティーマラソンでは過酷さが段違いなのは明らか。会社から100キロマラソンを命じられるなど、想像するだけでも身震いしてしまいそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」