芸能

古舘伊知郎が「イマドキの番組作り」に「自主規制の神様が覆ってる!」大苦言

 古舘伊知郎が荒れに荒れた。8月12日の土曜深夜のトーク番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系)の中でのことだ。

「もっと毒のある番組、もっと過激な番組、もっとヘンテコリンな番組があってこそ多様性が生まれる。今、テレビは自主規制の神様が覆ってますね。昔の過激でフラチでメチャクチャなテレビが一概にはいいとは言えないけど、テレビがもっとヤンチャにならないと」

「本当に取り残されているのか古いのかもしれないけど、何でこんなに無難な編集して無難な、お行儀の良い番組なのかオレには理解できない」

 そう、彼が怒っているのは「イマドキの口当たりの良い番組作り」についてだ。スポンサーの横ヤリ、さらに視聴者からのクレームを気にするあまり、毒にも薬にもならない番組が増えていることへの嘆きである。

 しかし関係者は古舘の言葉に一定の理解を示しながらも、テレビ界を取り巻く現状についてこう語る。

「確かに古舘さんが言うこともわかります。そのせいでさらにテレビ離れが進んでいることも事実。でも過激なことをやれば番組が打ち切りに追い込まれかねず、スタッフの生活も危うくなる。今や世に問うような番組や、ハチャメチャな番組を作ろうという骨のあるテレビマンはほとんどいないと言ってもいいでしょう。そもそも会議で目立つ発言をすれば角が立つし、嫌がられる。もはやこの流れは止められませんよ」(テレビ関係者)

 それでも古舘は同番組で続けて激高する。

「オレがちょっと過激発言ぽいことをする。プロデューサーが『あれ面白かったです』。それに対し俺が『使う?使う根性ある?』『使うに決まってんじゃないですか~、繰り返しちゃおっかな~』なんつって、(見たら)一切カット」

 古舘が嘆くようにもはやアナーキーでヒリヒリするような番組は絶滅してしまったとは思いたくはないが…。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!